ヤリマンは中出しを求めてくるwww【エロ話告白】

先週末はフィアンセの女の子の日だった。

このため性交できなかった。

彼女の生理は3日ほどで終わるが生理痛がひどくまた不定期だ。

婦人科で診察を受けたが別に異常は無かったので安心している。

PMSは起こさない。いつも女の子の日には花束を持ってお見舞いを欠かさない。

彼女は「セックスできなくて御免なさい。」としょげるので色々と励ましている。

学生時代に様々な馬鹿な経験をしているので面白おかしい話題には事欠かない。

紅茶を飲みながら彼女にそんな武勇伝を聞かせて笑わせている。

少しでも生理痛の辛さがまぎれればよいと考えている。

「あなたは二枚目なのに随分と三枚目の真似をなさったのね。」と彼女は喜んでくれる。

溜まった精液は彼女を見舞った後でヤリマンの膣を借りて処理している。

フィアンセの生理は突然始まるのでヤリマンの確保には結構苦労している。

メッセージ交換して親しくなったヤリマンにいきなり「今夜どう?」と切り出さなければならない。

でも殆どの場合応じてもらえるので助かっている。新しいヤリマンの開拓は常に必要だ。

自称妹はブライダルチェックの結果が合格だったようだ。喜んで連絡してきた。

現在彼女は新しい彼氏に惚れられて彼の熱意に負けて恋人同士になった様子だ。

彼は若く凄くかわいくてマナーや躾もきちんとしていて常識も有りお料理上手な彼女をいかに妻にするかに心を砕いているようだ。

彼女は彼に「私はこんなに汚れている女よ。諦めて。」と得意の騎乗位での腰使いやフェラチオをお見舞いしているようだが彼を性快楽の虜にしてしまった様子だ。

彼はここまで性のご奉仕をしてくれる彼女を愛おしくなる一方の様子だ。

このまま彼の馬力で結婚まで突き進んで欲しいと思った。

フィアンセとの結婚まではまだ時間があるのでSNSで新しいヤリマンに声をかけた。

ヤリマンにもタイプがあるが純粋に性交が好きな女を選んでいる。

既に喰ったヤリマンたちからうるさいほど「もう一度お願い。」とメッセージが入るが粘着が恐ろしいのでどんな美人でも一切無視している。

新しいヤリマンにはずばり「当方テクニックに自信あり。必ず失神昇天させます。」とメッセージを送った。

彼女は「お手並み拝見。」と2つ返事でのって来た。

待ち合わせのカフェに現れた彼女を見て驚いた。高校時代に処女を奪い男の味を教え込んで捨てた女だった。

こんな美人になっていたとは夢にも思わなかった。彼女は性快楽を求めてヤリマンになっていた。

思わぬ再会にディナーは懐かしい思い出話と近況の話題で盛り上がった。

処女喪失した彼女の同級生たちは殆ど処女と偽って結婚相手を捕まえたそうだ。

男の処女嫁に対するこだわりは強いと思った。ディナーのあとは即ホテルインした。

ベッドで見た彼女の女性器は昔どおりパイパンで非常に綺麗だった。

男性体験数が少ないなと感じた。でも性病が怖いのでクンニとディープキスは避けたが記憶を辿り彼女の性感帯を愛撫して最後女性器三つ所攻めをして前戯を仕上げた。

膣内急所はすっかり把握しているのでコンドームをかぶせた陰茎を挿入すると丹念に亀頭で擦った。

快感によがり狂う彼女は15分でイったがそのまま攻め続けて何とか約束どおり失神昇天させた。

その後にドペっと精液をコンドームに吐き捨てた。

落ち着きを取り戻した彼女は「あなたセックスが本当に上手になったわね。一体どれだけの女を泣かせてきたの?」と言った。

あまりラブラブなムードを作っては危険だと思ったので「そろそろ出よう。」とホテルから強引に連れ出した。

そのまま逃げようとすると腕をつかまれた。

「あなたあれくらいでは満足していないでしょ。お願いだから私の部屋に来て。」と懇願された。

「結婚してなんていわないから。私はあなたの都合の良い女になりたいのよ。」とたたみ掛けられた。

「それが駄目なんだ。」と何とか答えると彼女はホテルの前で泣き始めてしまった。

非常に目だって恥ずかしいので仕方なく彼女の部屋に行った。

「私が部屋に上げる男はあなた1人よ。」と彼女は得意げに言った。

部屋は綺麗に整理され可愛いベッドが備えられていた。

大昔に彼女の処女を奪った思い出のベッドだ。そこへ全裸になった彼女に引き込まれてしまった。

結局4回性交して彼女を満足させた。朝早く自宅に戻るとフィアンセからスマホにコールが入った。

あっさり昨夜の浮気を白状すると「それは彼女の罠よ。私たちに何か有ったら棚ぼた式に自分が妻の座に納まるつもりよ。

気をつけて。」と彼女は言った。

昼下がりになってフィアンセが訪ねてきた。

いつもの様にクンニをして緩んだ膣口を眺め「ここから子供が生まれるのか。」と感慨深げに言うと彼女は「急にどうしたの。結婚したらすぐ妊娠させてね。」と子供を産む意欲満々だった。

まだ妊娠させるわけには行かないのでコンドームをつけた陰茎を挿入した。

彼女のお気に入りの1つ蜜壷裏えぐりの体位でじっくりと愛情のある挿入感を楽しんだ。

体位をバックを通して寝バックに持ち込んで21センチの陰茎をフルに使って上付きの彼女の女性器にピストンをした。

彼女が果てたのを確認してコンドームの中に精液を放った。

コンドームと一口に言っても千差万別だ。フィアンセに使っている極薄品はまとめ買いしても1ダースで千円以上する。

ヤリマン達に使っている業務用の品は1点で20円だ。

安い代わりにゴム手袋の様に厚い。破れたりし難いので勢い良く大量に射精してもハードピストンをしても安全だ。

フィアンセによると性感ローションを使っても陰茎の味が全然違って来るそうだ。

フィアンセは悪戯っぽく微笑むと「あなたにテクニックを教えたのはどこの誰なの?」と尋ねて来た。

「ハウツー本を読んで自己流に改良していったんだ。」と嘘をつくと「ううん。あなたは女の弱みを的確に掴んでいるわ。昔からそうだった。年上の女の人に習ったのでしょう?」

「そんな事は無いよ。」「私結婚するまでは絶対に処女を守るつもりだったの。でもあなたのテクニックで思わず足が緩んでしまった。そこをすかさずあなたに処女を奪われてしまった。

全然抵抗できなかったわ。こんなまねは女に習わないと無理よ。」

「だから処女を400人も犯してきたんだ。その中で身につけて事だよ。」

「ねえあなたのセックスの先生は口にしにくい年上の人?御義姉様?」と問い詰められた。

フィアンセに隠しても仕方がないので姉との関係を誰にも漏らさないと約束させて全部白状した。

「やっぱりそうだったの。御義姉様があなたを女の目で見るから変だなと女のカンで薄々気がついていたの。

でも正直に話してくださってあなたは信頼できると確信できたわ。」と彼女は納得した。

「まあ何にせよ姉から手に入れた性技で女性を喜ばす事が出来るんだ。」

「私もその恩恵に浴している1人なのね。」「まあ君も姉とサオ姉妹になったんだ。仲良くしてくれよ。」

「いやらしい。でも何につけても優美なお義姉様は尊敬しているの。だから少しでも近づこうと思って努力しているのよ。あなたは私がお義姉様に似ているから選んで下さったのでしょう?」

「そんな事は無いさ。君の魅力に惹かれたんだ。」

「うふふ。私ね。あなたに処女を奪われた後で絶対にあなたの妻になると決めたの。

でもあなたが大学を出て就職をしてこんな素敵な男性になるとは思っても見なかったわ。

あなたは処女を奪った女性の中から素敵な美人ばかり10人ほど選んで毎日セックスを楽しんできたでしょう。

私にとっては最大のライバル達と過ごした厳しい時代だったわ。

みんなあなたにセックス漬けにされて逃げられなくなっていた。あなた無しには生きられない体になっていたのよ。

でもあなたに選ばれて本当に幸せ。結婚したら子供をなしてあなたにお仕えするわ。」と彼女は言った。

彼女は今の日本からほぼ絶滅した大和撫子の1人に間違いない品位を持っていると思う。

彼女は更に性交を続けて全ての精液を吸い尽くすと満足して帰宅した。

フィアンセが帰ると急に寂しくなるが深い充足感があるので1人でも夜寝る事が出来る。

笑顔の彼女の写真を眺めた。いつか美しい彼女のヌードや性交も撮影したいと思った。

先日ホテルのベッド上でノックアウト3発を喰らわせた恋愛ブロガーからまだメールが来続けている。

千人の男と性交しても得るところは少ない様子だった。メールは「あなたが好きになったの。

恋をしているの。いつでも良いからデートして。」と言う内容だった。フィアンセに特定の彼女やセフレは作らないと約束しているので無視した。

それにしてもヤリマン達はなぜあれ程まで「今日は安全日だからコンドームをしないで。」とか

「ピルを飲んでいるから大丈夫よ。」などと生姦と生射精を求めるのだろうか。

犯してきたヤリマンの9割がたにそう言われてきた。女性にとって膣内射精は快感なのだろうか。


PAGE TOP