主人に1人エッチを見られて・・【エロ話告白】

私は36歳の主婦です。主人とは3年付き合って、
結婚して3年になります。

これまで何人か付き合いましたが、私はまだ
オルガズムを迎えたことがありません。
でもひょんな出来事があって絶頂を迎えることが
できるようになりました。

主人はとてもやさしくセックスの相性も悪くはないと
思うのですが、いつもあと少しというところで、
主人が果ててしまうのです。
1人エッチでは全く問題ないのに、セックスとなると
ため息が出ます。

でもセックスが終わったら必ずシャワーを浴び、寝るのですが
主人が横で寝ているので、横でエッチするわけにもいかず、
主人が仕事に行っているときに、気が済むまでオナニーをしています。
そんなある日、いつものように、昨夜の主人とは
淡白なエッチだったので、掃除、洗濯も終わり、1人寝室で
オナニーを始めました。念のためお隣さんに聞こえないように
音楽をかけて、主人には内緒のローターとバイブを用意して、
いよいよ開始です。

「あ~ん、あなた、そこ、もっと、もっと~っ」
「あぁ~ん、き、きもちいい~ん、あああぁぁぁ~っ」
何回も何回もいきながら、思う存分オナニーを楽しんでいました。
バイブ片手に、もう片方の手は乳首をくりくりと触り、
「ああぁぁぁ~っ、だめ~、あなただめよ~っ、いく~っ」
絶頂を迎え、はあーはあーいいながら、横になりふとドアの
ほうを振り向くと、
ぎゃあああああーっ・・・・・!

寝室のドアが少し開いていて、そこに人が覗いています。
「だ、だれ?」私はすぐに布団で全裸を隠すと、
「おれだよ、おまえそんなことやってんのか?」
ちょっと呆れた顔をして主人が入ってきました。
「な、なんでいるの?」
「なんでじゃないよ、明日から出張だから今日は帰ってきたけど」
「で、でもいつから見てたの?」
「はじめから見てたよ」
私は顔から火が出る思いで、顔が真っ赤になりました。

「おまえ欲求不満なのか?」
「い、いや、そういうことじゃないけど・・・」
「わかった、お前を満足させれなかった俺に責任がある」
そう言って、主人は服を脱ぎ始め、裸になると、主人の
ペニスはいつも以上に硬直し、光っていました。
そしてタンスから手錠や紐を取り出し、
「バツとして言うことを聞いてもらうからな」
と言って、手錠をかけ、紐で私を縛り、四つん這いにして、
私のおまんこに後ろから一気に入れてきました。
「あああーっ、うううんんんん~ん、だ、だめ~っ」
その時の主人はこれまで見たことのない勢いで、腰を振り、
また紐の縛り方もどこで覚えてきたのかもわからず、私は、
今までにない興奮と快感を感じていました。

その後の主人は今までとは比べ物にならないくらい、
すばらしいものでした。こんなことだったら早くオナニーを
見せてればよかったとも思いました。
しかしそれからは毎晩のようにセックスをして、たまに
野外セックスやカーセックスも体験しました。

おかげさまで私達には1人子供がいるのですが、もう1人
女の子を授かりました。そして主人は出世して、ほんとに
幸せに生活しています。すべてはオナニーを見られたおかげです。
でも最高の主人です。ただいまでも、どこでSMを覚えたのか
教えてくれません。いつか聞きだそうと思っています。


PAGE TOP