妻の浮気相手が家に居着いてまるで夫婦のよう【セックス体験談】

自分は28歳の会社員です。

妻は25歳です。

妻の顔は、女優の堀北真希に似ています。

自分はEDで全然立たないので妻に浮気を許してたんですが、浮気相手の男性がとんでもない男でした。

男性は無職で住んでいたアパートを追い出されたらしく、我が家に居座ってしまい24時間妻を調教していました。

朝は妻のフェラで起こしてもらい、出した精子は飲まされていました。

昼間は裸にエプロン姿で家事をさせられ、男性がご飯を食べている時はフェラをしているか口移しで食べているかのどちらかでした。

風呂も一緒に入り、寝るのも一緒のベッドに寝てました。

自分は隣の部屋で1人で寝てました。

夜は妻が男性に抱かれて凄い声で喘いでいました。

自分はただ家にお金を入れているだけの存在でした。

妻と男性は夫婦のようで、買い物も2人で行ってました。

妻は陰毛も剃られ、男性の事をご主人様と言ってました。

自分が会社の休みの時は男性は自分に見せ付けるように妻を抱くので、自分は出かけて夜に帰ります。

家に帰るとリビングでソファーに座って妻を抱いていました。

男性が居着いてから2ヶ月ぐらい経った頃、リビングに犬のトイレがありました。

犬を飼う事にしたのかと思っていると、妻が犬の首輪を着けられて四つん這いで男性に散歩用の紐で歩かされていました。

男性にお手と言われると妻は男性にお手をしてました。

チンチンもさせられて男性が履いているスリッパを跳ばすと妻は口に加えて拾って来ます。

1番驚いたのが、妻がリビングに置いて在った犬のトイレで脱糞をしていました。

男性は自分の顔をニヤニヤして見ていました。

“お前の可愛い妻を雌犬に調教してやったぞ”という勝ち誇った顔でした。

それから1ヶ月後に妻は妊娠しました。

男性の子供です。

また男性がニヤニヤして勝ち誇った顔で見ていました。

男性が

「俺の子供だよ」

と言って、

「これからは俺の子供の為に頑張って働いてね」

と言って妻の肩を抱いて寝室に行きました。

これからどうなるのか、妻と離婚をするのか迷っています。


PAGE TOP