温泉旅行に行った妻が不倫をした話【セックス体験談】

実は朝になっても妻が家に帰って来なかったのです。

それも或る知り合いの男性と打ち合わせの為と言って

前日の夕方に出かけたきり・・・

話は半年ほど前に夫婦で温泉に出かけた事から始まったのです。

妻は42歳になったばかりで背丈はあまり無く

どちらかと言うと小太りと言ったところでしょうか、

でも胸はその体つきにも係らず非常に目立っているのです。

[adrotate group=”1″]

それと肌は自慢する訳ではありませんが

色白できめ細かく太股から脹脛にかけては

すべすべで触ると気持ちが良いのです。

暑くなる季節にはそんな妻にミニスカートとは言わないまでも

少し短めで膝小僧が出るくらいの丈の物を穿いてみたらと言うと、

妻はあっさりとその申し出を受け入れてくれるのです。

まあ妻もすっきりしたその膝小僧の形と色艶には自信があるみたいで、

私の膝小僧綺麗でしょうと言う事があります。

その時は初夏で妻は出来るだけ胸が目立たないように

少し大き目のシャツブラウスを着てブラもしているのですが

それでも歩くと横から見ていてもユッサユッサと揺れているのが判りますので、

前から来てすれ違う男性のほとんどが妻の胸の動きを見ているのが判ります。

妻も見られているのが判っている筈ですが

特に気にするような仕草を見せる事はありません。

ただその大きな胸の所為かよく肩が凝るので

私の事を下手だと言いながらもよく私に按摩をさせるのです。

私も右肩の付け根の関節に痛みを覚えるようになっていたのもあって

温泉にでも行こうという事になったのです。

温泉を選ぶに当たってパンフレットを見ていると

ある温泉が混浴露天風呂もあるのを見てその温泉を選んだのですが、

その時妻も一緒に見ていたので混浴施設があることは知っていたのですが

特に何も言いませんでした。

もっとも予約した部屋には

部屋付きの露天風呂があるところにしたのですが・・・

その温泉旅館と言うか施設は比較的新しく料金設定も高めだったせいか、

或いはまだ学校が夏休みに入っていなかったせいか、

子供連れは見かけず落ち着いた雰囲気になっていました。

そこまでの道中に立ち寄ったりしたので

到着したのは夕方少し前になっていました。

部屋に案内されて部屋係りの人が出て行くと

夕食までに少し時間があったので

早速温泉を愉しむ事にしてその部屋付きの温泉に入っていると

後で妻が入ってきたのですが

家の風呂と違って自然の景観を取り入れた雰囲気のいい温泉だったので

同じ妻の体ですが何か少しドキッとする所がありました。

妻も温泉に来て開放感があったのか

仕草と言うか動き方も余裕があっていつもと違い色気みたいなものが出ていました。

私はポチャ体形になってからの妻は厭になるどころか

そのふくよかな体が前にも増して好きになった位です。

「悦子、久しぶりの温泉は気持ちいいね。」

「そうね、私も思い切り温泉に浸かって愉しもう。ついでに肩こりも良くなると良いのにね。」

後ろ髪を纏め上げてクリップのような物で留めて

湯船に入って来る時の揺れる胸や太股などを見ていると

普段と違ってそれだけであそこがむっくりしかけた位です。

湯船から上がって暫くして部屋での配膳が整ったので

二人でゆっくりと夕食を愉しみ普段あまり飲まないお酒も結構進んで

かなりリラックスする事が出来ました。

どちらかと言うと私は顔が紅くなってもそれなりに飲めますが

妻は顔にはほとんど変化が見られないのですが

家とかこのような安心して飲める所では

すぐ気持ちよくなってふらふらになってしまうのです。

その上気持ち良くなってしまうと普段はとは違って結構大胆と言うか思い切った言動を取る事があります。

食事の後、2回目の湯を愉しもうと言って

二人で部屋の前の湯船に浸かっていると妻が言ったのです。

「本当に静かで気持ちいいね。でもあまり静か過ぎて何か物足らないと言うか隔離されているような感じがするね。」

「そうだね、それなら一緒に外の温泉に入ってみる?」

「そうね・・・それも良いかもね。」

私は混浴露天風呂を想定して妻に一緒に入ろうと言ったので

混浴になる事が判っている筈にも係わらず妻はすんなり受け入れたのです。

もし家で混浴露天風呂に入ろうと言っていたら拒否されていたかも知れません。

これも美味しい食事を愉しんでお酒も入っていたからに違いありません。

その後さっと浴衣の上から羽織を着てから

その混浴風呂に向かいましたが途中に人に会う事も無く

男性用の脱衣場に入ると先客がいなかったので

ほっとすっる気持ちと少し残念と言う気持ちが入り混じっていました。

正直言って妻が他の男性の裸をみてどう反応するのか

見てみたい気持ちがあったのです。

湯に浸かって待っていると妻も入って来ました。

「悦子、何かどきどきするね。」

「そうね、あたな、誰もいなくてほっとしたわ。特に男性はね。」

「じゃ、女性だったら良いの?もし女性なら僕は嬉しいけれどね。」

「そう言う訳じゃなく、どちらかというと男性に裸を見られるより、あなたが女性の裸を見る方がましという意味よ。」

「悦子、背中流してやろう。」

「優しいのね、あなた。」

そう言ってその露天風呂の隅にある洗い場に移動して妻の背中を洗っている時、

脱衣所のドアが開いて誰かが入って来たのです。

「あっ、お二人のところ、お邪魔して申し訳ないですね・・・」

そう言って男性が入って来たのが視界に入って来ました。

「いえいえ、お邪魔だなんてとんでもない。」

そう言いながら妻の背中を洗い続けていると

妻が緊張しているのが手に取るように判りました。

見ていた訳じゃないですが

その男性はその後掛け湯をしてから

湯船に浸かったのが音を聞いていて判ったのです。

その後妻の背中を流し終えて湯に浸かろうとしますが

妻は立ち上がるのを躊躇していました。

それは判ります、

いきなり見知らぬ男性に裸を見られるのですから・・・

いくら普段その胸に男性の視線を当てられても気にしなかった妻でも・・・

ところが、その時その様子を見ていた男性が親切に言ってくれたのです。

「奥さん、恥ずかしいですよね。じゃ、私向こうを向いていますのでその間に入って来たらどうですか?」

そう言われたので私は妻を促して湯船に二人で向かい、

ちょうど私が妻と男性の間に入って視線を遮るようにして湯に入ったのです。

その時に男性を見てみましたが

その男性は視線を変えず妻の方を向かなかったので

妻の裸体は見られてはいませんでした。

妻と並んで肩まで浸かっていると

また男性が話しかけながら私たちの方を見たのです。

「奥さん、もうこちらを向いても大丈夫ですよね。」

「悪いですね、妻のために余計な気を使わせてしまって。」

「まあ、じろじろ見ないと言うのは礼儀というか混浴温泉のエチケットですよね。」

挨拶代わりにそのように言葉を交わしてから

ゆっくりと湯に浸かっていましたが妻は目線を下に落としたままで、

その男性の方を向こうとはしませんでした。

暫くしてその男性が横を向きながら湯から出ようと立ち上がったのですが

私はその股間を無意識に見てしまったのです。

ちらっと見た感想は率直に言って『凄い』の一言でした。

よく見た訳じゃありませんがダラーんと伸びた

大きな男根の亀頭のカリがぐっと張っていたのがすぐ判るほどでした。

男性が湯船から出て洗い場に移動すると妻は少し緊張が緩んだようで

目を上げて体も少し湯から出すようになっていました。

そのうちその男性がまた湯に入ってきたのですが、

またしても妻は目をそらして男性の方を見ようとしなかったのです。

そこで私の悪戯心が出てきて思い切って妻に言ったのです。

「悦子、少しは混浴温泉に慣れた?」

「・・・よく判らない・・・」

「さっき言っていたように今度は僕の背中を流してくれるよね?」

「・・・でも・・・今は人がいるので・・・」

その時男性がまた次のように言ってくれたので

思い切って妻を促して湯船から出て

ちょうど男性からは見えにくい場所にある洗い場に行ったのです。

「奥さん、またあっちを向いていますので大丈夫ですよ。」

でも今回は後ろを向いてその男性を見る訳にも行かず

本当に向こうを向いて妻の裸の後姿を見ていなかったのかどうか定かではありません。

どちらかと言うと少しは妻の白くてぽっちゃりした体つきや、

その大きな胸を見て貰いたい気持ちがあったのは確かです。

遠慮してかどうか判りませんが

その男性が上がって出ようとしていましたので

取り敢えず一声掛けて誘ってみたのです。

「この風呂は広々して夜遅く入っても気持ち良いでしょうね。また後で来ようかな。」

「そんな感じですね、私も入りたいんですがたぶん来れるのはテレビでサッカーのゲームを見終わってからになりますね。」

その男性はこちらの意図を汲んできちんと答えてから出て行ったのです。

それに、もしかしてその男性は私たちが混浴風呂に入るのを

どこかで見ていたのかも知れません、

あまりに入って来るタイミングが良かったので・・・

部屋に戻ってほっとしている妻にキスをして

股に手をやってそこを触ってみると既に濡れていました。

「悦子、濡れているよ。」

「あぁ、そう・・・あなた、抱いて・・・」

「風呂で知らない男と一緒になって興奮していたんだね。下を見っ放しなので厭がっているのかと思っていたよ。」

「言わないで・・・厭だったけど何かどきどきしていたの・・・」

「見られて感じた?もっと見て欲しかったのかい?」

「そうじゃない・・・」

「でもあの男、悦子が湯船から出る時後ろから裸姿を見ていたかも知れないよ・・・口では見ないような事を言っていたけどね。」

「そんな所見られたの?いゃ~ん、恥ずかしい。」

「悦子の白い肌や自慢の胸を見られて嬉しいんじゃないの?それにあの男のあそこを見た?チラッと見ただけだけどかなり立派なものだったよ。」

そう言って妻を刺激するような事を言っていると

ますます濡れてきて手に淫液がついたので

それを妻に見せながら言ってやったのです。

「悦子、見られたかも知れないと想像しただけでこんなに濡れるくらいだから本当に見られたらどうなっちゃうんだろうね?」

「・・・判らないわ・・・でも・・・そうなったら・・・」

これはひょっとして妻は見られても良いと言うか

見て貰いたいと思っていたのかも知れません。

「テレビのサッカーが終る頃もう一度混浴風呂に行こう、いいね。あの男も来ると思うので今度はその凄いチン○を見てごらん。」

「いゃ~ん、意地悪、そんな事言わないで~」

どうやら妻はもう行く気になっているようでした。

その後妻を抱いたのですが

散々私の言葉で嬲られ妻の乱れようは凄いものがありました。

この後、露天風呂に行けばその男に体を見られると思ったり、

その男根を見させられると想像して感じ易くなっていたのかもしれません。

私が胸を包み込むようにしてその乳首を舐めただけでビクンとなり、

腰の後ろを指先で擦るように撫ぜると

『いぃ~』と言いながら腰をひねって悶えていたのです。

そこでその時少し趣向を変え妻の顔の前にいきなり男根を持って行きました。

「悦子、これをあの男のチン○だと思ってフェラしてみて。」

ぼやっと目を開けた妻は黙って私の目を見てからその亀頭を口に含んで

舌で亀頭全体を嘗め回し始めたのですが

その表情にはいつもより淫らな雰囲気が出ていました。

その普段と違った妻の様子を見て思わず言ってしまったのです。

「奥さん、フェラ上手いね。旦那に仕込んで貰ったのかい?」

そう言うと妻は『いゃ~ん』と言いながら

益々強く吸い込んで頭を動かして

ジュルジュル音を立てながら一心不乱にフェらをしていました。

「奥さん、今度は先っぽを舐めてよ。」

妻は男根を口から出して鈴口をひとしきり舐めえた後、

柔らかな舌先でその穴を拡げるかのように突付いてきたのです。

この時の昂ぶった妻は言われた通りどんな事でもしていた事でしょう、

あたかもあの男の欲望に応えようとするかのように。

普段はする事がない金玉や尻の穴さえ

舐めろといえば舐めていたかも知れません・・・

その時、妻にあの男との擬似性行為をやらせて

その気にさせると言うか一種の洗脳のようにしようと思ったので、

わざと卑猥な言葉を使ってみました。

「奥さん、それじゃあっちの布団にいってオメ○しようか?」

一瞬妻はこちらを見て『えっ』と言うような表情をしましたが

何も言わずについて来ました。

「奥さんが上になってやってみて。じっくりと奥さんの顔とその大きな乳を見ていてやるからやってみな。見て貰いたいんだろ、そのデカ乳。」

妻は興奮しているからなのか、

恥ずかしいからなのか顔を赤らめながら躊躇することなく

勃起した男根を摘んで濡れている陰部の割れ目を

それに合わせて腰を落として亀頭を入れてから一気に男根を呑み込んで

ゆっくりと前後に腰を動かし始めたのです。

「奥さん、俺のチン○の味はどうだね?」

「・・・気持ちいい・・・このチン○とても気持ちいいわ~」

妻は私の意図を察してか、或いは自分も見知らぬ男としていると想像してなのか、

まるであの男とセックスしているかのように答えたではありませんか。

「じゃ、奥さん、旦那さんが戻って来ない内に思いっきり腰使ってオメ○してみな。」

「・・・えぇ、判ったわ・・・」

そう言うと妻は男根を奥深くまで入れてから腰を前後、

左右と動かして亀頭を奥のコリコリに当て続けて快感を高めていたようです。

その内堪らなくなった妻は腰を打ち付けるように上下させて

更にコリコリに強く当てて感じてくると口に出していったのです。

「あぁ~気持ちいい~~一緒に逝って~~~お願い~~~」

それを聞いて私も妻があの男としているかのように錯覚して

一気に高まり思わず妻の中に射精してしまいました。

上から打ち込んでいた妻も同時に逝ってしまった様で

その後私に抱きついて言ったのです。

「あなた~知らない人としていると思ったら物凄く感じてきて逝っちゃったみたい~御免なさい・・・」

「悦子、いいんだよ。お前が気持ち良かったらそれでいいんだよ。想像しただけで本当に他人とした訳じゃないし・・・」

「うん、そうね・・・」

これでこの後混浴風呂であの男と会ったら

妻がどう反応するのか愉しみになってきました。

それまで暫く時間があるのでまた二人で湯に浸かってから

テレビを見ながらもう少し酒を飲んでいました。

テレビのサッカー試合が終ったのを見計らって妻に声を掛けました。

「そろそろ行こうか?今度はあまり硬くならないでリラックスして成り行きに任せればいいからね、判った?」

「うん、そうね混浴であれば見られても不自然ではないしね・・・」

「2度目も知らん振りして感じ悪い思いをされては混浴の醍醐味を楽しめないし・・・もし自分がその男の立場でも厭な感じがすると思うよ。」

「・・・そうね、判ったわ・・・」

この時点で見られるのはある程度覚悟していたようです。

風呂場に行く途中私の腕を掴んでもたれ掛かるように歩いていましたが

脱衣所の前で分かれる時に抱きついて何故かキスをして来たのです。

脱衣所に入ると誰か一人が入っているのが判りました。

あの男以外の者が入っているのかな?と思いましたが

入ってみるとその男が既に湯船の中にいたので一安心でした。

もし他の人が入っていると妻がまた恥ずかしがって

混浴を楽しめなくなるかも知れないと思っていたのです。

私も湯に浸かって声を掛けました。

「もう来ていたんですか?ずいぶん早かったようですね。」

「いやー、退屈な試合内容だったのでサッカーのテレビ観戦を早めに切り上げて来てしまったんですよ。」

その時女性用脱衣所のドアが開いて妻がタオルで前を隠しながら入ってきて

軽く会釈をしながら少し離れた湯船に近寄って来て掛け湯を始めて

男が目を逸らしている間に湯に入ってきたのです。

妻は湯船の中から聞こえてくる話し声を聞いて

もう男が来ている事が判っていてそれなりに覚悟して入ってきたようです。

男は妻が湯に入る時には目を逸らしていましたが

ドアから妻が出てきた時にはその歩いている姿を見ていたのです。

妻が湯に浸かったまま私の隣に移動して来ると男が妻に声を掛けました。

「奥さんも来てくれたなんてすごく嬉しいですね。」

「主人がどうしても一緒に行こうと言うものですから・・・」

「おいおい、一緒に行こうとは言ったが、どうしてもとは言ってないぞ。悦子こそどうしても来てみたかったんじゃないの?」

「・・・そんな事ない・・・」

「だけど、あの後部屋に戻った時、恥ずかしかったけどどきどきしていたと言ってたじゃない。それに・・・濡れていた」

「そんな事言わないで~もうそれ以上言わないで~」

そう言って私を打つ振りをしたので

大きな乳が湯から出て男から丸見えになっていました。

男がその話による妻の反応を見てにやっと笑っていたのが

判ったようで妻の緊張も解れてかなりリラックスしてきたようです。

「この人の言う事を真に受けないで下さいね、本当に変な事言ってすいません。」

「私は全然気にしていませんので安心して下さい。・・・でも濡れていたって、どういう事ですか?」

男がすっとぼけて妻に聴いたのですが、

妻はどう答えていいのか判らないようでしたので

私が代わりに言ってあげたのです。

「いや、そのものずばりあそこが濡れていたんですよ。あなたに見られたかも知れないと思って・・・そうだろ悦子?」

「あなた~そんな事まで言わないで~お願い~」

そこで更に追い討ちを掛けるような言葉が口から思わず出てしまったのです。

「それにあなたのなにが非常に立派なモノだったよとも言ったんですよ、なぁ悦子。」

「もう知らない~。」

そう言って妻は拗ねたような素振りをしていましたが

もう自然に振舞って胸が湯から出て、

それを男に見られても隠すような事はしなくなっていました。

この言葉のショック療法が効いたのか何か吹っ切れたようで

妻はもう湯の中で普通の姿勢で寛いでいました。

妻が風呂の中で自然に振舞えるようになったので次に進めようとしました。

「湯に浸かり過ぎて火照ってきたので少し体を冷まそう。」

そう言って私が男の方を向いて湯船の淵に腰掛けると

男は私の思惑を理解したのか立ち上がって

同じように向こう側の淵に腰掛けたのです。

その股間にはまるで極太の矢印と表現するのが相応しいような男根が垂れていました。

妻は男が湯から立ち上がって向こうの淵に座って

こちらを向くまでの間その男根を見ていたと思います。

なぜなら妻は男がこちらを向く直前に頭を動かして他の方向に目線を移したのです。

「悦子ものぼせたんじゃない?ここに来て座って冷ませばいいよ。」
「・・・はい・・・」
折角、私の横に来て座るように声を掛けたのですが反応がいま一つでした。

きっとあの男根をみてびっくりして腰を抜かしたのかも知れません。

腰を抜かすまで行かなかったとしてもあまりの衝撃で

固まってしまって動けなかったのかもしれません。

正面から改めて見てみると

その亀頭部分は長さが無い代わりに幅広で

カリが非常に張っていていたのを覚えています。

とは言っても胴部も勃起していない状態で4cm程あったような気がします。

これを見た、見せられた妻がどう感じているのか、

どう思っているのかを想像するだけで高まってくるものがありました。

その大物を見て不安がっているのか、喜んでいるのか、

もう一歩進んで入れてみたいと期待に胸が膨らんでいるのか気になりました。

「悦子、大丈夫かい?あそこに座ってごらん。」

妻がまだ湯に浸かったままなのでそう言って

手を貸して立ち上がらせ横に座らせましたが

妻は湯あたりした所為なのか、

大物の男根を見た所為なのか判りませんが

少しぐったりしていて男に裸を見られても

恥ずかしいと思う事も出来ないようでした。

「奥さん、大丈夫ですか?」

「心配掛けて申し訳ありませんね。湯に当たったのかも知れませんね。暫くこのままにしていればすぐに戻りますよ。」

その間男は妻の体の上から下まで見つめていたのです、

特に大きな胸と薄い毛に覆われた陰部をしっかりと・・・

私にもたれ掛かっていた妻が元に戻ったようで

急に陰部と胸を隠すような素振りをして言い出しました。

「あなた、ごめんなさい。私少しのぼせていたみたい。でももう大丈夫よ。」

「いや、あの人も心配してくれたんだよ。」

「・・・どうも申し訳ありませんでした・・・もう大丈夫です。」

「いゃ、今回といい先程といい仲の良いお二人を見ていて羨ましくなって来ましたよ。」
「それじゃ、奥さんも一緒に来れば良かったのに。」

「いや、私現在独身なんですよ。実はバツ一なんですよ。それで旦那さんが奥さんに背中を流して貰っているのを見て羨ましいなぁと思っていたんですよ。」

男が妻に背中を流して欲しいと心の内を遠まわしに言っていると思って

弾みで妻に次の一言を言ってしまったのです。

これが妻と男が親しくなるきっかけになるとは

この時はまだ知る由もありませんでした。

「それなら、僕はもうやって貰ったのでこんどはこの人の背中を流してあげれば?」

「いゃ、それはまずいですよ。いくらなんでも。」

妻は意外にもすんなり私の申し出を受け入れたのです、

そんな事を言うなんてどうかしているよと言うかのように私を見つめながら。

でも本心は判りません、ひょっとしてあの男根を見て興味が湧いて

本当にあの男の背中を流したいと思ったのかも知れません。

「・・・えぇ、いいですよ。」

「奥さん、本当にいいんですか?もしそうなら、正直すごく嬉しいなぁ。」

「それじゃ、悦子僕はここにいるので向こうの洗い場に行って背中を流してあげなさい。」

凶器とも言える男根をぶら下げた男は

妻と洗い場に行きながら妻に話しかけていました。

「本当に悪いですね、折角温泉に来たのに他人の背中を流す羽目になってしまって。」

男が洗い椅子に腰掛けて妻がその横で跪いて湯を出し

ソープをタオルに掛けていると男が露骨に妻の巨乳、

背中から尻までをじっと見つめていました。

それじゃ、お言葉に甘えて遠慮なく見せて貰っているよと言わんばかりに・・・

妻も見られているのが気になるのか時々男の方を向くような素振りを見せていました。

妻が男の後ろに回って背中を洗い始めたのですが、

男が小声で何か冗談を言ったらしく妻がくくっと笑っている声が聞こえてきました。

素っ裸の妻が男と二人きりで打ち解けて話している様子を見ていると

何か疎外されたような気がしてきたのです。

この時になって始めて嫉妬のようなものを感じて、

何か熱くなって股間がむずむずしてきて、

気がつくと私の男根が大きくなって来たのが判りました。

こんな嫉妬心が沸くなどとは思っても見ませんでしたが

やはりその原因はあの男の凶器のような男根の所為でしょう。

そんな事を想っていると妻に背中を洗って貰った男が私に言ってきたのです。

「旦那さん、洗って貰ったので今度は私が奥さんの背中を流して上げたいのですが構いませんでしょうか?」

そのように聞いてきたと言う事は、

男と妻はもうこの事について話していて、

妻も男に背中を洗って貰う積もりだったのでしょう?

嫉妬心で興奮しながら、その申し出を了解したのです。

「ええ、もちろん構いませんよ。妻も喜ぶので洗ってあげて下さい。」

嫉妬しているにも係わらず、と言うよりも嫉妬して興奮状態になっていた為

私の男根の先からは透明の液が垂れていました。

妻が洗い椅子に腰掛けていると男が妻の斜め後ろに立って

妻の両肩から背中を洗っているのですが

力を入れるたびにその男根が妻の顔の横で揺れていましたので

ちょっと顔をそちらに向けると至近距離でその揺れている男根が見えた筈です。

その上妻はこの時、前の鏡を見ていたので、

きっとそこに写っていた男根を見ていたと思います。

妻の脳裏にあの男根の姿が刻み込まれて

その虜になってしまうかも知れないと思うと

興奮が高まって更に液が垂れてきました。

妻の背中を流し終えた男がまたもや私に言ってきました。

「旦那さん、奥さんは肩の凝りがあるようですね。」

「えっ、判ります?実は家内は肩凝り症なんですよ。」

「そうでしょう、タオル越しでも判るくらいですからね。早く凝りを解した方が体にもいいですよ。」

「でも、今私の肩の調子が良くなくて力が入らないし、それに今の時間からマッサージを頼むのは無理でしょう。」

「実は私、マッサージの資格を持っているんですよ。とりあえず今簡単にしておきましょか?」

「うーん、それじゃ、お願いしてみようかな。申し訳ないですね。」

その男が本当にマッサージの資格を持っているのかどうか、

そんな事はどちらでも良かったんです。

私は男に妻のマッサージをやらせたら、妻がどうなるのかを見たかったのです。

男と話している間妻は何も言いませんでしたが

どうやらもうマッサージをしてもらう積もりのようでした。

これも既に男と妻の間で了解済の事だったのかも知れません。

二人が何を話しているのか気になりますが今更どうしようもなく、

任せるしか仕方ありませんでした。

男が妻の肩にタオルを掛けてから揉み始めたのですが

どうも妻に近寄りすぎているようで、

男根が妻の肩に触れんばかりの所で揺れていました。

こちらから見ていると、洗い椅子に腰を下ろしている妻の後ろから

マッサージをしている男の男根が丁度妻の肩の高さにありましたので、

男が意図的にその様子を私に見せ付けて奥さんをこの男根で犯そうと思っている事を

表していたのかも知れません。

それは単なる私の思い過ぎかもしれませんが・・・

「旦那さん、もし良かったらこの際、部屋で本格的に治療出来ますけど、どうします?今回は行きがかり上、無料でいいですよ。」

「そこまで言って頂けるなら断る訳にも行かないし、やって貰おうかな、なぁ、悦子?」

急に振られてマッサージで気持ちよくなっていた妻は

驚いて半分ふざけたように答えました。

「えぇ、もちろん私は気持ちいいのでやって貰いたいわ。ねぇ先生、お願いします。」

これで決まりですが、私たちの部屋でマッサージをして貰う事にしたので

部屋番号を告げてから妻と二人で先に部屋に戻り準備をする事にしました。

部屋をあらかた片付けて男を待っていると

ドアがノックされたので行ってみると

男が小さな鞄のようなものを持って来ていました。

中に入って貰い浴衣姿の妻を交えて暫く男の離婚話や

マッサージの事を聞いたり又3人の若い頃の話などで盛り上がっていました。

妻が、ところであの入れ物には何が入っているのと聞いた所、

今は内緒と言われそれがきっかけとなってマッサージに入っていったのです。

「それでは奥さん、あちらの布団の上で宜しいでしょうか?」

「えぇ、それで構いませんが・・・あなた、いいでしょう?」

「もちろん、それでお願いします。」

男は布団の上にシーツのようなものを敷いてから

妻をまずそこに座らせて小さなタオルで肩を覆ってから

首の付け根から揉み始めました。

私は特にすることも無いので酒を飲みながら

男のマッサージと揉まれている妻の姿を見ていました。

「奥さん、もし痛いと思ったら遠慮なく言って下さいね。」

気持ちがいいのか妻は俯き加減になったまま頷いていました。

一通り肩を揉んでから妻を俯きに寝かせて

手の先から腕の付け根までタオルで覆って

丹念にマッサージを施してもう片一方の腕も同じようにしていると

妻は気持ちがいいのか目を瞑ってなにか本当に癒されているようでした。

その後、男が妻に大きいバスタオルをかけてから

跨って両膝を付いて背中の凝りやすい所を手の平を押し当てながら

マッサージをしだすと気持ちいいのか

妻がそのマッサージに合わせるように微かに

うーうーと唸るような声を出しながら息を吐いていました。

特に腰の部分には入れ物から取り出した木製の用具を背骨に沿って

転がすように当てていると

妻があまりの気持ちよさの為か声を出していました。

「そこ、力が抜けるようで、とても気持ちがいいです~う~」

次に脚に移り両足首を持って脚を持ち上げるようにして振ると

浴衣の裾がまくれて脹脛がブルブルと振動して

白い太股までが見えて艶かしく感じて思わず勃起しかけました。

その後男が足首から脹脛、太股と揉み上げていくと

妻はよほど気持ちがいいのか顔を赤くしてふーふーと声を出していました。

更に揉み進んで脚の付け根近くになると

タオルのため指先はどこに当たっているのか判りませんが、

妻の反応が少し変わって来ていました。

それまでは声が出ていましたが声が出なくなり何か耐えているようで

顔の赤みが増してきてマッサージが終る寸前には腰がびくっと動いたのです。

その時男の指で陰部を弾かれたのかもしれません、

おそらく仕上げとして、或いは手始めとして?

「奥さん、どうでした?少しは楽になりました?」

「・・・ええ、とても気持ち良かったです~肩も随分軽くなりましたし、どうも有難うございます。」

「マッサージで体が冷えてきたと思いますので。一旦ここでもう一度温泉に入って体を温めてから続けてしますので。そこの湯に入って来て下さい。」

「はい、分かりました。それでは・・・」

そう言って妻は男の目の前で浴衣を脱ぎ

その大きいな乳や陰部を隠そうともせずに

男に向かって微笑んで軽く会釈をしながら湯船に向かいました。

妻は混浴風呂ですでに男にその裸体を見られ、妻も男の男根を見せつけられ、

その上冗談を言い合ったりしてもう何も隠そうともしなくなっていました。

妻が湯に浸かるのを見てから男が

こちらにやって来てにやっと笑いながら言ったのです。

「旦那さん、もし良かったらここからは性感マッサージに入ろう思うのですがいいですかね?」

「えっ、性感マッサージ・・・でも妻が受け入れるか・・・どうか判りませんよ・・・」

「それは、多分大丈夫だと思いますよ・・・その所は私に任せて下さい。様子を見ながら進めますので・・・いいですよね?」

男は先程妻の太股の付け根を揉んでいる時に指で陰部を触って

妻の反応を見てこれならいけると判断していたのでしょう。

私が前を手で覆って分からない様にしていた積もりでしたが

この時男は私が勃起していたのを見て

私の意図と言うか性癖を見抜いて言ったのです。

「旦那さん、勃起していますね。」

「・・・見られてしまっては仕方ない、その通り勃起しているよ。」

「それともう一つ、何があっても途中でマッサージを中断させるような事は止めてほしいのですがそれでも宜しいでしょうか?」

私が勃起しているのを指摘した上で、

そこまで覚悟しているのか、私の本気度を聞いて来ました。

この先妻が性感マッサージをされるとどうなるのか見てみたい気持ちが

強くなっていた事もあって行きがかり上、了解してしまいました。

「・・・分かりました。」

「まぁ旦那さんはそこでお酒でも飲みながら愉しみにして見ていて下さい。」

もうこの時点では完全に男のペースになっていて

妻がこの男の為すがままになるのかと思うと

何かぞくっとして勃起が収まりませんでした。

「それと、お酒が少なくなっているようなので、私の部屋に飲んでいたお酒がまだ結構ありますので持って来ます。」

その後妻が湯船から上がってきて

体をタオルで拭いていると丁度そこに男が戻って来ました。

「あ、お待たせしました。奥さん、それじゃ体が暖まっている内にこちらで始めましょうか?」

男はそう言いながらお酒を私に渡すと

妻を布団に招き入れうつ伏せに寝るように言いました。

その時男は私を見て一瞬にやっとしてまるで

『これからとことん奥さんを逝かしてやるのでそこでじっくり見ておいて下さいよ』

と言わんばかりの表情をしていました。

妻はこれからのマッサージが今までと違って

性感マッサージになる事を知らなかったので全く安心しきっていました。

男はうつ伏せになっている妻の横に座り

浴衣越しに肩を擦るように軽く揉み始め

その後首筋を指先で擦りあげると

妻は今までのマッサージでは見せなかった何か耐えるような表情をしていました。

「奥さん、今度は先ほどと違ってもっと気持ちよくなりますからね。」

「・・・はぃ・・・」

「それじゃ、ここで帯紐を取りますので・・・」

男が妻の浴衣の帯紐の結び目を解いて少し引っ張ると

妻は帯紐が抜けるようにその動きに合わせてを体を少し浮かせていました。

妻もこの時点で今までとは違って男の手が直に肌に触れてきて

帯紐も取られたのでどうされるのか期待と不安が入り混じっていた事でしょう。

浴衣から妻の両腕を抜いて妻の上半身から浴衣をめくってから

両手の指先を使って上腕部の内側から脇にかけて擦ると妻はびくっと反応したのです。

「奥さん、ではパウダーを使ってすべりを良くしますね。」

男は鞄からパウダー容器を取り出すと

妻の上半身に白いパウダーをたっぷりと振りかけ

全体に馴染ませるように擦ってから今度はまた

両手の指先で触れる触れないかの微妙なタッチで曲線を描くように触れていくと

妻の体が蠢くように動き出して脚も微妙に動いていました。

次にその指が両脇を這いずり回ると

妻はその微妙なタッチによる快感に耐え切れず思わず

『あっ、あっ』と声を上げてしまったのです。

すると男は妻に声をかけました。

「奥さん、気持ち良かったら遠慮せずに声を出しても良いんですよ。旦那さんが側で見ていても我慢出来なきゃ声を出しても良いんですよ。」

それはまるで妻の私を思い遣る気持ちと男が

妻に与える快感を天秤にかけさせてその結果妻が

どちらを受け入れるのかを試しているようでした。

男はそう言いながらも決して手を緩めず脇をくすぐり続けて妻が

『うぅ』と声を出しそうになるそれを自制させるかのように又言ったのです。

「奥さん、旦那さんが近くで見てますよ、聞いていますよ。」

そう言われると妻は声を出して少しでも楽になりたいのに出せないようで

『うぅ』と唸っているだけでした。

その後男は妻の下半身を覆っている浴衣を巻くりあげて

股を拡げさせてから片方の脚を折るようにして

両手の指で股の付け根を前後から挟むようにして

軽く擦るようにタッチしていたのですが丸見えになっている陰部は

先ほどまでの背中、脇の擽りによる快感のためすっかり濡れていました。

妻がその微妙なタッチによる快感から逃れようとしてか、

或いは陰部への直接的な刺激を求めようとしてか、腰を動かし始めました。

「・・・うぅぅ、いい~」

「奥さん、それで良いんですよ。旦那さんが見ていようと聞いていようと気持ち良ければ声をだして良いんですよ。」

男はそう言いながらも決して手を止めることは無く

右の付け根が終れば左に移り、

また左から右の付け根へと繰り返しマッサージをしていました。

その内我慢出来なくなった妻はとうとう溜まらず快感の声を上げ始めました。

「・・・いい~~いい~~気持ちいい~~」

「そうですか、奥さん、やっと素直に言えるようになったね。これからもっと気持ちよくなりますけど良いですね?どう何ですか?」

「・・・うぅ、もっと、もっとして~~お願い~~」

あぁ堪りません、あの妻が男にいいように扱われていました。

勃起が収まりませんでした。

ここまで来ると妻の葛藤しているその気持ちとは裏腹に

腰が別の生き物のようにゆっくりと動き出していました。

陰部からははっきりと淫液が垂れているのが見えていますが

男は決して妻の陰部には触れようとはしませんでした。

次に男は妻を仰向けに寝かせ目を覆うようにタオルをかけ

パウダーを両手にかけてから首筋、胸を手の平と指先で擽るように擦り上げ、

鎖骨の窪みから胸の付け根、脇を丹念にマッサージをしていました。

乳首を避けて丘の周りを指先で撫ぜていると

妻が乳首をその指に当てようと動きましたが男はそれをかわして妻に言いました。

「奥さん、黙って乳首を手に当てようとしたでしょう?勝手な事をしては駄目ですよ。して欲しい事があれば必ず言って下さいね。」

そう言って又同じようにその重さで

押しつぶされたような格好の大きな乳を擦るあげていると

妻がタオルを取って男をぼっとした目で見つめながら言ったのです。

「・・・お願い・・・ちく・・・びも~~」

「奥さん、何?はっきり言ってくれないと判りませんよ。」

「・・・乳首も触って~お願い~~」

更に男は両方の手の指先で乳首を避けて

その周りを散々嬲ってからやっと乳首を指先で弾くと

妻はビクンと上体をゆすって反応したのです。

「うぅ~気持ちいい~~もっと弄って~~」

やっと乳首を弄くられてあまりの快感のため

もう妻は私が近くにいる事は頭から消えてしまっていたのかも知れません。

次に男は乳首を嬲りながら片方の手を脚の付け根にまわして

指先で陰部ぎりぎりの所をなぞっていると

妻の腰がその指先の動きに合わせるように動いていました。

陰部からはさらに液が垂れてきて尻のほうまで伝わっていました。

「お願い~~お願い~~」

妻が腰を動かしながら男に訴えるように言っていました。

「奥さん、どうしたの?何をして欲しいの?」

きっと男は私に聞かせるために言ったのです。

「お願い~そこを・・・触って~~」

「そこって、どこ?旦那さんも聞きたがっていますよ。」

「いゃ~ん、そんな事言わないで~~」

「はっきりと言って貰わないと判らないよ、奥さん、具体的にどこなのか言って下さいよ。」

「・・・お・・・・・・やっぱり言えないわ~」

「じゃ、悪いけど判らないので何もして上げられませんね。」

「そんな~・・・お・・・・・・め・・・・・・お・・・め・・・・・・・・・・・こ・・・・・・・・・」

「奥さん、旦那さんにも聞こえるように言って下さいね。おめ○とはっきりと言って下さい。」

「・・・あぁ~~お・め・○~おめ○よ~~」

「奥さん、おめ○をどうして欲しいのですか?」

「・・・おめ○を触って~~お願い~~早く~~~」

これを聞いた瞬間私の男根はビクンビクンと反応して

このまま射精してしまうのかと思うほど興奮してしまいました。

私の妻が今日混浴露天風呂で会ったばかりの男に

『おめ○を触って~~お願い~~早く~~~』

と信じられない事を言わされるとは思っても見ませんでした。

男は妻の欲求した通り陰部のマッサージを始めるのですが

まず左手の指でクリトリスを剥いて中指で抑えるように嬲りながら

右手中指を挿入してゆっくりと出し入れを始めると

妻もそれに合わせて腰を動かし始めました。

「いい~いい~おめ○気持ちいい~~」

「奥さん、おめ○に指を突っ込まれてそんなにいいの?そう言えばおめ○が濡れて気持ちよさそうですね。旦那さんにも良く見て貰おうね。」

そう言って男が指を抜いて妻の濡れた陰部を拡げると

陰部全体は赤く膨れ上がっていて膣口からは液が

垂れ尻の穴まで伝って、その穴が口を開けて蠢いていました。

その時男は私に向かってにやっと笑い

そこまで妻を追い込んだ事で次のように言いたかったのかも知れません。

『旦那さん、奥さんこんなになっちゃったのを見て喜んでいます?』

それから乳首を摘みながら

その割れ目に沿って指をなぞると妻は思わず声を出しながら腰を振りました。

「いい~~おめ○気持ちいい~~もっとして~~~」

なおも男が乳首と陰部を同時に嬲っていると

感じてきた妻が思わず手を動かしたはずみにその手が男の男根に当たったのです。

男は混浴風呂から上がったあと下着を着けていなかったので

直接見えなくても少し大きくなっていたのが判っていました。

「奥さん、どこ触っているんですか?それは私のちん○ですよ。旦那さんのじゃないですよ。」

男にからかうように言われても

妻は浴衣の上から握ったまま放そうとはしませんでした。

「奥さん、判っています?それは私のちん○ですよ。」

「・・・判って・・・る・・・」

「どうして判るの?言ってみて。」

「・・・大きさが・・・違う・・・」

「どう違うの?」

「主人のちん○よりこっちの方がずっと大きい・・・」

「奥さん、でもそれでマッサージは出来ませんよ・・・触るだけですよ。」

そう言いながら男は浴衣の前を肌蹴て妻に

直に握らせながらまた右手の中指を膣口に入れ出し入れを始めたのです。

暫くすると妻は右手で男根の亀頭部分を掴んで腰を振りながら

とんでもない事を言ったのですが男にとっては想定内の事だったのかも知れません。

「このちん○欲しい~~」

「奥さん、今日出会ったばかりの奥さんにいきなりちん○欲しいと言われても・・・それも旦那さんが側にいるのに良くそんな事が言えるね?」

「でも、お風呂でこんな凄いちん○を散々見せ付けられて、その上こんなマッサージをされるともうしたくなって堪らないの~」

「旦那さん、奥さんがこんな事を言っていますがどうしましょう?」

「そう言われても妻が言っている事なので何とも・・・妻に聞いて貰わないと・・・」

男は妻の膣口に入れている指を動かしながら妻に聞かせるように言ったのです。

「あっ、旦那さん、ちん○おっ立てていますね。奥さんがこんな事になっているのにそれを見ながらよく勃起させていられますね。」

「・・・あなた、そんな・・・私がこんな事をされているのにそれを見て勃起させてるなんて・・・もう私どうなっても知らないから~」

「旦那さん、奥さんがどうなっても良いんですか?それともひょっとして奥さんのこんな淫らな姿を見て喜んでいるんですか?」

男は私の意図や性癖はもう判っていたはずなのに妻に聞かせる為に言っていました。

男が誘導するように言った言葉に私は嵌ってしまったようで、

言ってはいけない事を言ってしまったのです。

「このまま行くとおめ○する事になるかもしれませんよ。それでも良いんですか?」

「・・・お互いの感染予防と避妊のためコンドームさえすれば、減るものじゃないし妻がしたければやって貰っても構わないですよ。」

その時はたとえセックスをしても気持ちまで変わる事は無いだろうと思っていましたが

それはあの男根の威力を過小評価していたのかも知れません。

「奥さん、旦那さんがあのように言っていますが・・・」

敢えて最後まで言わずに妻にその後を言わせようとしていたのです。

男はあの鞄の中から自分の男根に合う特大のコンドームを取り出したのです、

男は本気で妻をやる気でした。

男は膣に入っている指を出し入れしながら妻にもう一度言いました。

「奥さん、正直な所、どうしたいの?」

「・・・このちん○を入れて欲しいの~このちん○でおめ○したいの~~」

「そらじゃ、舐めてもっと元気にしないと出来ないよ。」

そう言うと男はコンドームを取り出して慣れた手つきで装着すると

妻の顔の前に持って行きフェラチオをするように促しました。

陰部を男に弄られながら上体を起こして男根の根元を握ってから

その上にあるカリが張った亀頭に舌を伸ばし一舐めしました。

コンドームをしているとは言いながら妻が

今日始めて出会った男の大きな男根を舐め始めたのを見ていると

私の男根が反応し強く勃起して先から

少し濁ったサラサラの液が出てきたのが判りました。

妻は男の目を見ながら亀頭の張り出たカリ、

裏筋に舌を這わせて何とかその男根をもっと勃起させようとしていました。

亀頭があまりに大きかったので初めは咥えるのを躊躇していましたが

ここで何としてもフル勃起させてセックスをして貰おうとして、

どうにか咥えて顔を前後に揺らせながら本格的にフェラチオを始めたのです。

「おぉ、奥さん、やる気出してきたね。その調子だよ。」

妻は亀頭を咥えているため喋る事が出来ず、

返事の代わりに男の目を見ながらフェラチオしていると

やっとフル勃起して亀頭が更に膨らんで口に咥えている事が出来なくなって

『うっ』と言って涎まみれになっている男根を口から吐き出しました。

「奥さん、それでは横になって膝を立てて思い切り股を拡げておいて。」

そう言って男が妻の脚の間に入って亀頭を妻の陰部に当てて

押し込もうとしますがなかなか入りませんでした。

いくら妻の膣口から液が垂れて陰部全体が濡れていても

その亀頭があまりにも大きすぎるのですんなりとは入らなかったのです。

それでも何度かしている内にその亀頭サイズに慣れて

膣口が少し拡がったのか亀頭がぐにゅっと入ると妻は思わず声を出しました。

「うっ、うっ、きつい~きついわ~~でもいい~~」

男は妻が一杯一杯なのが判っているのか亀頭が入ってからはそれ以上動こうとはしなかった。
「奥さん、慣れるまでもう暫くこのまま動かないでいるよ。」

「お願い、そうして~まだ少しきついの~~」

その妻の声を聞いていると何だか眠気を覚え、

声がはっきり聞こえなくなってきたのです。

急に眠くなって来たので男が持ってきた酒に何かが入っていたのか・・・

或いは単に疲れとアルコールによって眠くなったのか判りませんが、

意識が遠のいて行きます。

『・・・あぁ眠い、眠りたくない・・・でも眠い・・・もう、駄目だ・・・・・・』

「奥さん、旦那さん急に静かになって気配がしないと思ったらどうも寝てしまったようですよ。」

男は妻にそう言った後、

呼んでも私が起きない事を確かめるかように声を掛けていました。

「旦那さん、旦那さん・・・」

妻も膣に亀頭を咥えながらも不安になったのか

私に声を掛けていましたが、

大きいのを嵌められているためあまり声が出ていなかったのです。

「・・・あなた、あなた起きてぇ~」

その時私は既に眠りに入っていたので

二人が声を掛けていても聞こえる筈はありませんでした。

でも私は妻と男のこの大事な瞬間の記録を取ろうと

混浴風呂から先に部屋に戻ったとき妻に内緒で

ICレコーダーをセットしていたのです。

途中で私が眠ってしまい全く記憶がありませんので

以下はICレコーダーの録音内容を元にして纏めたものです。

不甲斐にも眠ってしまった為、

かえって二人の本音が聞こえて良かったのかも知れません。

男が亀頭を妻に嵌め込んだまま話しかけていました。

「奥さん、旦那さん完全に眠ってしまったようですね。ところでまだきつい?」

「・・・そ、そうみたい・・・でもこんな時に寝てしまうなんて・・・信じられないわ・・・私の事・・・心配してないのかな?」

「そんな事はないと思いますよ。旦那さん、私が奥さんとおめ○するのを許した後もじっと見てましたからね。きっと飲み過ぎたんでしょう。」

「・・・そうかな・・・?」

「そうですよ、もう旦那さんを気にしなくてもいいのでその分気楽になれるから今夜は思う存分愉しみましょう、奥さん。」

「・・・そうね、考えても仕方ないものね。」

「ところでそろそろ馴染んでくる頃だけど、少し動いてみるね。」

男がそう言って亀頭を妻の中で小さく動かし始めると

妻はきついながらも感じて来たのか少し苦しそうな声を出していました。

「奥さん、どう?大丈夫?」

「・・・きついけど・・・気持ちいい~~」

「じゃ、続けるよ。」

そう言って少し強く動かすと妻はそれに応えていました。

「・・・いい~気持ちいい~~もう少し中に入れてみて~~何だか気持ちいいの~~」

男が浅くゆっくりと抜き差しを始めても妻はきついとは言わなくなっていました。

「だいぶ熟れて来たようなのでそろそろ奥まで入れるよ、いいね?」

「えぇ、お願い~奥まで入れてみて~でも優しくしてね~~」

男は腰を前に突き出すようにして

その大きな男根を妻に埋め込んでから声をかけていました。

「入れたけどもう少し入りそうなので一押しするよ。」

男は一旦当たる所まで入れていましたが、

押し拡げるようにゆっくりと体重をかけて

男根をぴっちりと入れきると妻が声を上げて応えていました。

「・・・いゃ~こんなの初めて~~気持ちいい~~奥がいい~~~もっとして~~~」

「奥さん、良くなって来たようだね。それじゃそろそろ突くよ。」

「突いて~突いて~~」

男は今までのゆっくりした動きから打って変わり深く強く、

浅く緩くを繰り返し妻を快楽の渦の中に押し込もうとしていました。

レコーダーにも

『パンパン、パンパン、パンパン、クチャクチャ、クチャクチャ、クチャクチャ』

という音が入っていました。

「いい~凄い~~何~~こんなの初めて~~奥が~気持ちいいの~~~だめ~~~逝く~~~」

その後男は今までの深く強く、浅く緩くの繰り返しから

ストロークを長くした一定間隔の打ち込みに変えたようです。

「バチッ、バチッ、バチッ、バチッ、バチッ、バチッ」

「・・・いい~いい~それもいい~~もっとえぐって~~~大きなちん○でえぐって~~~」

「奥さん、ほら逝け、ほら逝け、もっと逝け。」

「うぅ~・・・逝く~~逝く~~逝っちゃう~~逝っちゃう~~~逝く~~~~~~」

「ほら、逝けーーーっ」

「うっ、うぅ~うぅ~~~ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ~~ふぅ~~ふぅ~~~ふぅ~~~」

妻も男も逝ってしまったようです。

この後暫く何の音も録音されていませんでした。

次に聞こえてきたのは男の声でした。

「奥さん、大丈夫?そこの風呂でも入ろうか?」

「・・・えぇ~でも、もう少し待って~」

妻の喋り方がそれまでとは違って

男に甘えるような感じに変わったような気がしました。

先ほどのセックスで男にたっぷり逝かされて

その男根の良さが判り親近感が湧いて来たのでしょう。

「お待たせ~お風呂に入りましょうか?」

暫くして妻がそう言ってから二人が風呂に入ったようです。

その後風呂から戻ってくると妻が男に少し非難めいた言い方をしていました。

「もう、あんなところを触って・・・その上舐めようとするなんて信じられない~臭わなかった?外のお風呂では恥ずかしくて止めてなんて言えなかったけど・・・」

「ぜんぜん、だって風呂に入って綺麗になっていたので問題ないよ。人によってはあの臭いを嗅いで興奮するらしいよ。」

「・・・本当にそうなの?」

「そうだよ、あそこも入れてみるとおめ○とは違って良いらしいよ。奥さんは舐められて感じた?どうだった?」

「私にはよく判らないわ~でも、そうなの~?本当にいいのかな~?」

二人が風呂で何をしていたのか良く判りませんが少なくとも男が妻のアナルを触って、

舐めたのは確かなようでした。

これを聞いた時は何と言う事をするんだと思っていましたが、

その内容よりも二人の話し方がすっかり打ち解けていたので

何か寝取られたような気がして興奮していました。

「ところで、奥さん、俺奥さんとおめ○して判ったんだけど奥さんのおめ○よく締まって気持ちいいし俺のちん○と相性が良いみたいなんだ。それでこれからも関係を続けたいので携帯番号とメールアドレスを聞いておきたいんだけど、良いかな?」

「私もあなたのがとても良かったのでこれからも会いたいと思っていたのでちょうど良かったわ。交換しましょう。」

何と私に内緒で携帯番号とメールアドレスを交換して

これからも会ってセックスする事を約束していたのです。

その上、男が一つの提案を妻に出したのです。

「奥さん、今日は旦那さんの意向もあってコンドームをしたんだが本当は生でしたいと思うんだが奥さんはどう思う?」

「そりゃ、私もどうせするなら生が良いに決まっているけど・・・」

「それじゃ、今度二人で検査に行きませんか?二人の住んでいる所は隣県同士で意外に近いのが判ったし、はっきりすれば生で思い切り出来るよ。」

「そうね、そうしたほうがお互い安心して出来るわね。」

えっ、と言う事は妻はその内男と生でセックスしようと思っていたのか?

その後男は妻と別れのキスをして恋人のように親しげに

『じゃ、ねー』と言って部屋に戻ったようです。

妻は多分その後私の横で眠りについたと思っています。

翌日は遅くまで寝ていて起きたのは

朝食にやっと間に会うような時間になっていました。

そのあと男に会う事もなく、二人でもう一風呂浴びてから帰途につきました。

妻と男がセックスし始めた時に眠ってしまったので

翌朝起きるまでの事は家に帰ってから

レコーダーの録音内容を聞いて初めて判ったのですが、

帰る途中にあの後の事を聞いてみると

妻はレコーダーの録音内容とは全く違う事を言っていました。

「悦子、ところであの後のセックスはどうだった?あの大きな男根を入れられも大丈夫だった?」

「あぁ、あの後あなたが寝てしまってからも続けてセックスしていたんだけどあなたに見守られていないと思うと不安になってセックスに集中できなくて、あそこが痛いと言うとあの人もやる気をなくしたみたいで結局途中で止めて部屋に帰ってしまったの。それで私もあなたの側で寝たよ。」

レコーダーによると妻と男は激しいセックスをして、

その後親しげに話をしてお互いの携帯番号やメールアドレスまで交換しておきながら

妻はあれだけ堪能したセックスの事さえなかった事にしたのです。

もし男とのセックスを愉しんだと言うと

私がそれについていろんな事を聞いてきて

その結果私が警戒心を抱いてこれからの自分の行動が監視されて

自由に動けなくなると思ったのかもしれません。

家に帰ってレコーダーを聞いて妻が本当の事を言っていない事が判って

少しむっとしましたがこの嘘も妻の思惑が見え隠れして面白いと思っていました。

今後の成り行きを見るためレコーダーの件は

妻には内緒にしてしばらく妻の様子を伺う事にしたのです。

妻は私に隠れてこれからも男と会って

あの大きい男根でセックスをして貰おうとして

男とはあの夜で断ち切れていると私に思わせようとしていたと思っています。

温泉から帰って暫くは何も変わった所も無く今までどおり過ごしていました



PAGE TOP