寝取られ願望を告白【セックス体験】

オレの名前はユウスケ。オレの彼女は奈緒という名前だ。
28歳で身長は156センチ、体型はスレンダーというわけでもなく、ぽっちゃりでもない。
ただ、スタイルは良い方だと思う。くびれがあってエッチな体つきだと思う。
付き合いだして3年になるんだが、いまだにひっかかっていることがある。
それは、オレと奈緒が付き合う前に付き合っていた元彼と付き合った初日に、菊池という男と浮気をしてしまったのだ。
菊池は、結婚していて当然子供もいる。
菊池と奈緒はもともと仲が良く何回か夜に会っていたらしい。
最初は楽しく飲みながら話をするだけの仲だったが、軽いキスから始まり何回か会ううちにいつのまにかSEXフレンドになっていたみたいだ。

そんなある日、奈緒は想いを寄せていた男性(元彼)と付き合うことになり、付き合ったその当日の夜、菊池から電話で呼び出され菊池の家に行ってしまったという流れ…。
奈緒と菊池は恋愛相談をする仲で、菊池は奈緒を祝福してやると家に呼んだらしいのだが、間違いなく菊池はやる気満々だったのだろう。
SEXフレンドの関係でいようなと…。

彼女と付き合う前にそのことを聞いて当時かなりショックを受けてこんなやりとりがあった。
「元彼と付き合った初日に寂しいからって普通浮気できる?ありえないでしょ。元彼のこと好きじゃなかったの?」
「もちろん好きだったよ。でも…なんだか寂しくて…。」
結局、元彼とは長続きしなかったみたいだ。エッチの相性も良くなかったらしい。
ただし、菊池との関係はオレと付き合うまで続いていたらしい。(結局、菊池との関係が忘れられなかったのだろう…。)

その時、自分とこれから付き合ったとしても同じことをされるんじゃないかってすごく不安だった。
でも、すごく奈緒のことを好きだったからオレにはありえないことを実際にやってしまった彼女とこれからうまくやっていけるかとても不安だった。
でも結局奈緒のことが大好きだから全てを封印し、付き合うことにした。

それから付き合い始めて2ヶ月ぐらいたったある日、自分の隠している性癖について正直に話した。
以前から好きになった女性が自分以外の男性とSEXをしている想像をすると、なぜかめちゃくちゃ興奮し、普通のSEXよりも燃えると。
奈緒はそれを聞いて
「ふーん…よく分かんない。私がユウスケ以外とエッチしてイヤじゃないの?私は好きな人以外とエッチしたくないよ。」って。
オレは
「イヤだよ。浮気とか絶対イヤだし、過去のことだけど奈緒が元彼や菊池ともエッチしてたこともイヤだ。それにオレも奈緒以外の女性とエッチしたいなんて思わないよ…でもなぜか興奮するんだ。奈緒は全く分からないと思うけど…こんなこと恥ずかしくて今まで言えなかったけど実をいうと元彼がいながら菊池との浮気をしたのも変に興奮する。実際イヤだし、そのことを奈緒から聞いた時すごくショックを受けたのは事実。でも奈緒が菊池とエッチしているところを想像すると、嫉妬なんだか悔しさなんだか上手く表現できないけど変な気持ちになる…。」

こんなことを告白するのがなんだかすごく恥ずかしくて、かぶせるように、説得するように、一気に伝えた。
奈緒は
「よく分からん…。」
それで終わった。
しかしそれからの奈緒とのエッチはとても興奮するものとなった。
もう自分の性癖は伝えたこともあってエッチ中に少しずつ菊池との関係を聞き出していった。

ネットで調べてみると実は意外とこういった性癖を持つ男性が多く存在することが分かり、こういった属性を『寝取られ』ということも知った。
オレは完璧にこの寝取られ属性だと思った。痴漢とかレイプは全くといっていいほど興味がない。
いや、少しはあるだろうけど寝取られと比べると全然レベルが違う。
その他、コスプレやロリコンなどにも興味が薄い。
寝取られと言ってもオレのストライクは和姦というシチュエーションかな。
人妻が旦那の前で他人に犯されるよも、旦那が自分の妻をレンタルさせる系、もしくは嫌がっていても気持ち良くなって最後は自分の方からディープキスを求めるとかの方が興奮する。
おそらく寝取られ属性でも人によっていろいろあるんだろう。

いつものように奈緒とエッチが始まる。
最初はやさしく奈緒の首すじを舌で舐め上げる。そして耳もとを歯で甘噛みすると
「ンッ…ンッ…アンッ…」
とカワイイ声を出す。身体全体がビクッビクッとしだす。
これを何回か繰り返した後、背中全体をキスや甘噛みをしながら唾液で濡らしていく…そうするといつも奈緒のおまんこはグチョグチョだ。

「オレのこと好きか?」
「ハァ…ハァ…大好き…ユウスケのことしか考えられないよ。」
「オレも奈緒のこと大好きだよ。」
「ね~早くユウスケのおちんちん入れてほしいの。」
オレは、奈緒が早く欲しいの知っていてわざと焦らす。
「まだ、だめだよ。もっと欲しくなって。奈緒のおまんこがジンジンしてから。」
「え~そんなぁ…ハァハァ…入れてくれないと……他の人に入れてもらっちゃうよ…いいの?」
「嫌だ。オレの奈緒だもん。絶対に嫌だよ。」
「ウソ…ユウスケが、私が他の誰かとエッチするのを興奮するの知ってるんだから…。」
「…そんなことない。…そんなことないよ。」

この頃オレのチンポの先からは我慢汁でいっぱい。
奈緒のクリトリスも会話中ずっと愛撫してるからもうおまんこはビショビショ状態。
オレのチンポも触らせて、シゴかせる。

「…ケンジ(菊池)でしょ。あんなに怒ってたくせに、ハァ…アンッ…ほんとはまたエッチしてほしいでんしょ?」
「…」
「ねぇ…わたし、あ~ん…ユウスケが喜ぶなら…ハァ…ハァ…いいよ。」
「何が?」
オレは分かって敢えて聞く。
「またケンジとエッチしても…。」
「え~そうなの?」この時、奈緒のおまんこからヌルヌルになってマン汁が肛門の方までたれている。オレのチンポもめちゃくちゃカタくなっている。
「だってユウスケがもっと興奮するんでしょ?私も興奮するよ。ケンジとエッチしたのを思い出すとさ。」
「気持ち良かったの?ケンジのエッチ…。」
「ごめんね。…ケンジの身体すごく筋肉質でおちんちんすっごくおっきくてさぁ…バックで後ろから腰をガッシリ摑まれて激しく突かれるの…今でも思い出すと濡れちゃうんだぁ。もうだめ…入れて。」
「オレのより大きかったの?」
「ハァ…ハァ…怒らないでね。…長さも太さも全然違う。あ~ん…ねぇ…お願いだからもう入れて…。」
「いいの?こんなちっちゃいチンポでいいの?」

もうこの頃、奈緒は興奮状態でクリトリスも肥大しまくりで赤く膨れ上がっている。
もうどうにでもなれといった感じ。
「ほんとはケンジのおちんちんが欲しいんだけどぉ…もういいよぉ!このちっちゃいおちんちんで!!」
奈緒の興奮状態の時のシゴきの早さは半端じゃない。
回転させながらしごいたり、オレの性感帯である乳首も痛いぐらいに吸ってくる。
M男であるオレにとって乳首を甘噛みされながらチンポをしごかれるプレイが一番興奮する。

「あーあ、ついに本音が出ちゃったね。」
「ねぇ~早く欲しい。もう入れちゃうよ。」
奈緒はオレのチンポを握り締め、騎乗位の体制になろうとする。それをオレは阻止する。
「まだだめ~。オレのチンポをケンジと同じように舐めてからね。」
「え~早く入れて欲しいのにぃ…分かった。ケンジと同じように舐めたら入れてくれるんだよね?」
「オレがリアルに想像できるぐらいに舐めてくれたらね。」
奈緒は狂ったようにオレのチンポにしゃぶりつく。普段はすぐに口に含むのではなく横や裏筋からチロチロとされて、ギンギンになってからしゃぶらせているのだが、この時ばかりはそうはいかない。

「ンッ~ジュルジュル~ハァ…ハァ…ンッンッ」
奈緒の興奮時のフェラはかなりエロい。
奈緒はチンポから口を離すとシゴきながらおれに話す。

「ねぇ、私、ケンジのおっきいおちんちんもこうやってたくさん舐めたよぉ…ケンジの方がお口いっぱいになったけどね。ケンジもすっごく感じてくれてたんだよ。頭をね抑えられて…強引に喉の奥まで入れられたんだから…。ハァ…ハァ…こんなのじゃものたりないよぉ~。ねぇ…私もケンジとエッチした時のこと想像しながらユウスケとしていい?」

「奈緒も興奮するの?」
「だって~ユウスケが想像させるから悪いんだよぉー。」
「いいよ。奈緒が想像して感じれば感じるほどオレも感じるからさ。」
「ユウスケがいいって言ったんだからね。…ごめんね。」そう言うとすぐにオレの乳首に吸い付き、シゴき方がエロくなる。
「あ~ケンジィ~私のおまんこもさわって~。」あぁ…完全に恥じらいを捨てたな…と思った。オレもケンジになりきる。

「奈緒のおまんこさわっていいの?彼氏怒んない?彼氏のおまんこでしょ?」
「彼のじゃないよぉ~ケンジのおまんこだよぉ~ユウスケのエッチよりケンジのエッチの方がすっごい感じるんだよぉ~。」
奈緒はオレの手を持って自分のおまんこに導く。オレはグショグショになったおまんこから簡単に見つかった赤く膨れた上がったクリトリスを優しくなでる。

「はああああああっ…!うう~ん!気持ちいいよ~!」
勃起状態のせいか軽く触っただけでもビクンビクンとのけぞる。
言葉攻めをしながらこのワンワンスタイルの奈緒のおまんこを刺激し、奈緒はおれのチンポをしごきながら乳首を強く吸ったり噛んでいる。
オレの胸の上で奈緒がビクンビクンと感じている。
ケンジのことを想像しながら…。我慢できなくなった奈緒はまたチンポにしゃぶりつく。

「美味しいよ~ケンジのおちんちん美味しいよぉ~んぐ…んぐっ。ねぇ~そろそろ指でいいからおまんこの中に入れて~。」
オレはすぐに奥まで入れずに、入り口あたり、第一関節が入るぐらいのところでグリグリと刺激を与える。
すると奈緒は腰をグラインドしだし、もっと奥までと催促する動きを見せる。

「ねぇ~奥までぇ~もっと奥まで~…もう我慢できなよぉ~限界だよぉぉ!」
また乳首を甘噛みをしながら強くシゴいている。オレは限界になったクリトリスをもう一度強く早く回転させるように刺激させる。
「オレのチンポ入れたい!?ユウスケのじゃなくてオレのチンポを!?」
さらに回転速度を上げる。
「レンリィロ~!!レンリィノオリンリンイレライ~ッ!!!」
奈緒は甘噛み中で全然しゃべれてないし、目も完全にエッチモードでうっとりしている。
オレも奈緒のシゴきテクでそろそろヤバイ。

「よし、じゃあいっぱい我慢したから入れてあげるね。どうやって入れて欲しい?」
「はぁ…はぁ…(小さい声で)バックで…。」
「ん?聞こえないよ。入れてあげないよ。」
「バックで…バックでいっぱい入れて!」
「仕方ないね。好きなの?バック好きなの?」
「…。」

オレは奈緒を四つん這いにさし、グショグショになったおまんこにいっきに挿入する!
「はあんっ!あん!あん!あん!あん!やばいっ!気持ちいい!やっぱりバック気持ちいいよぉ~!!」
オレはさらに上から下に突き落とすようにチンポの位置を変える。これが奈緒は変なところにあたるらしくいつも変になる。
「これがいいのか?これ好きなんだろ?」
オレも興奮して少し口調が変わってしまう。

すると奈緒も
「ねぇ…やっぱりケンジのおちんちんの方が…あんっ…気持ちいいよぉ。あんっ!こんなのじゃ全然満足できないよ~!
ねぇ…いいの??ほんとにケンジともう一度エッチしていいの?もう一回バックで激しく突かれていいのっ!?ああ~ん!」
「いいよ…一回だけなら…。ねぇ今度オレに内緒でケンジとエッチしてよ。」
「え?はぁ…はぁ…いいの?ほんとに?嫌じゃないの?後悔しない?」
「嫌だけど…後悔するかもしれないけど…それ以上に奈緒がケンジとエッチしてるの見てみたいなぁ。」
「あああ…後悔しても…知らないからね…あうう…ケンジの上手さ知らないんだから…。」
「そうなの?」

「そうだよ。ケンジのバック激しいんだから…あれで私バックが好きになったんだからね。奥までいっぱいにされちゃってユウスケとエッチしてる以上に声出しちゃってやばかったんだから!あまりに声が大きくてケンジに口ふさがれちゃったんだから!
浮気してるのがバレルからって。アパートだから隣の部屋に聞こえちゃうだろって。」

こんな興奮しまくりの話をしながらバックで突いてる訳だからイキそうになるのをおさえるので必死。
奈緒もケンジのことを想像しながら大好きなバックをしてるから、おまんこからは白い本気汁がどんどん出てくる。
オレのチンポが出入りするたびに本気汁が絡み付いてやばい。
オレは正常位に変える。最初はゆっくりチンポを出し入れする。
「ああ~ん…気持ちいい…。」
おれはここしかないと本題に入った。それは少し前から本気で考えていたことだ。
しかしこれを実行してしまうと後には引きない。
それでもオレの屈折した性癖が勝ってしまった。唐突にオレは奈緒に耳元で言う。当然チンポはおまんこに刺さったままだ。

「今度、マジでオレの前でケンジとまたセックスしてよ。本気で…お願いだから。」
「…本気で言ってんの?」オレの顔をまじまじと見る奈緒。
「いろいろ考えたんだけど、絶対後悔しないし、別れるつもりもないからさ。一回だけ奈緒がオレ以外の男とエッチしてるところを見たいんだ。」
「本気なの?想像で興奮するのは分かるんけど実際してしまうのは…」
「奈緒のことが大好きだから。大好きだから見たいんだ。理解し難いのは分かるけどさ。だからお願い!」
「…後悔しない?」
ん?これは…。もしかするとこの先の言葉は…。バクバクと胸が高鳴る。

「いいよ。一回だけだよ。そこまで言うなら。それにユウスケのことが大好きだから聞いてあげるんだよ。でも私がエッチしてる時に言わないでよね。変な気持ちになってる時なんだから。それを知ってて言ったんでしょ~?」
「…うん。当たり。」

オレはまたチンポの挿入速度を上げる。
オレはその考えていた計画を話す。
今度、オレが友達の家に泊まるってことにしてその日は家に帰ってこないってことにする。
奈緒は最近オレ(ユウスケ)が冷たく浮気をしてるかもしれない。
そこで相談に乗ってもらいたい。外で会うのは人目につきやすいのでオレと奈緒の家に呼ぶ。
在り来たりのストーリーだがこんな感じだ。相談中に奈緒は寂しいとケンジに抱きつく。
そうなれば以前セックスした仲なら、このあとエッチの流れになるのは簡単だ。
そこで、オレは友達の家から急遽忘れ物をしたと家に帰ってくる。
当然家のカギはかけ忘れたことに。
あとは、奈緒とケンジのSEXを目の前で見れるわけだ。奈緒はオレのことをその時だけ忘れて思う存分堪能すること。ケンジとエッチが終わったあとには、もう次はない、これが最後と伝えること。

そう伝えた。
奈緒はおまんこをギュッギュッと締めながら感じながら目がトロンとなりながら聞いていた。
まぁケンジもしたかった女性ともう一度セックスが出来るのだから、一回で終わったとしても文句は言うまい。ラッキーだったと思うだろう。奈緒も一度だけの公認浮気だから、ケンジとの関係は続くことはないだろう。

「…分かった。…いいよ。」
奈緒は恥ずかしそうに照れて答えた。
オレのチンポはすでに限界を超えていたが、最後のピストンを頑張った。 
奈緒も締まりまくったおまんこでさらにオレのチンポをしごく。
「奈緒~明日が楽しみだな!明日奈緒の変態なところが見れるなんて!!うぉ~!!」
「あああああ!ええつ!?ああああ!あしたぁ~!?明日なのぉ~!?あぁぁぁぁぁぁー!!!」
「あぁ~気持ちいいー!そうだよ~こういうのはすぐ実行しなきゃあ!」
「あん!あん!あうううっ!うん!わ…わかったぁ~!明日エッチな下着はくぅぅぅ~!!あうぅ…もうだめ~っ!」
奈緒はオレの背中に爪を立て、ベロチュウでオレの舌をなめてくる。

「そんな風に明日ケンジともやるのか!?」
「らる~!りっぱいらる~!」
「オレの前でケンジのチンポをいやらしい音を出してしゃぶってくれるか!?」
「らああああああ~!!うん!うん!ユウスケの前でいっぱい口に出してもらうねぇぇぇ~!」
「バックでいっぱい突かれてる結合部分おれにいっぱい見せてくれるかぁ~!?」
「見せちゃう~ん!ひいいっ!いっぱいイかされちゃったらごめんね~!!ああああっ!!!」
「最後イク時はオレにごめんなさいって謝るんだぞ!!ほらっどう言うんだ!?あ~イクぞぉ~!!」
「ご…ごめんなさい!あうぅ~ごめんなさい!ユウスケごめんねぇ~だってケンジのおちんちんの方がぁ…気持ちいいんだもん!!ケンジィ~!好き~大好き~!!ケンジィ!ケンジィ!あああああああああああああああー!!もうだめー!!イクッ!イクッ!イクッ!イグゥーーーーッ×××××!!!」

チンポ限界ギリギリセーフ?(いやアウトかな)でおまんこから引っこ抜いて奈緒の顔面に精液ぶっかけてやった。
奈緒は息切れ状態で全く反応なし。
明日が楽しみだ。続きはまた今度。





PAGE TOP