バツイチのヤ○ルトレディとのSEX体験談【エッチな話】

俺以前トラックを転がしてたんだが、いつも渋滞する交差点で週に2~3回はヤクルトの販売員が居た。信号が赤になると商品を手に持って停車中の車に廻ってくる、俺はそこで右折するのだが、大概は青4~5回分待たなくてはならなかった。
ヤクルトのノルマも結構厳しいらしい、何年かは50代くらいのオバサンが売ってたが、俺が見る限りそれほど成績が良いようには思えなかった。俺はジョアが好きだったので時々買っていたが…。
処が、人が変わって若い(といっても30代)わりと見栄えの良い人に替わってから信号の間にちょくちょく売れるようになった。

俺も、その人が居ると必ず買うようになった。買うときに二言三言会話を交わすようになった(俺だけではないが)
「暑いですね今日はどちらまで?」
「津です」
「お気をつけて…」
仕事仲間にも評判が良くて、中にはファンになったと言い出す奴さえいた。その人(Fさんにしときます)はヤクルトの若手には珍しく(失礼)髪は染めずに上品で真面目そうな感じで笑顔が似合う。ただ何となく翳がある。全体の雰囲気はモーニング娘?の中の演歌系??の前田ユウキ???に似てると想う、(雑誌の立ち読みで見ただけなのではっきり判らない)

雨が降っている日、ふだんなら居ないはずだがFさんは珍しく交差点にいた。
「雨ですのに?」
「今日あんまり捌けてないんですよ」
と俺がジョアを受け取ろうとしたとき、路側を2ケツの原チャが突っ込んできた。Fさんは慌ててよけたが後ろに乗っていたガキの膝が接触してこけてしまった。原チャはそのまま信号無視で逃げてしまった、俺はナンバーを読もうとしたがそもそもナンバープレート自体が無かった。ハザードを付け、すぐにクルマから降りてFさんを助け起こした。幸い怪我はなく、警察に?という俺を
「別に良いです」と制止した。
でも気がすまなかったので俺はCBでトラック仲間に原チャの特徴をいって見つけたら連絡をくれるように頼んだ。
「アリガトウございます、本当に大丈夫ですから、お仕事遅れないでくださいね」
俺は自分でも不思議なくらい腹を立てていたが、言われるまま仕事に戻った。営業所に戻るとさっきの事が話題になっていた、同僚の一人に心当たりがあるという
「もしかしたら、うちのチームの後輩かもしれんワ」
その同僚と探していると派手な単車が数台止めてある喫茶店の前に目当ての原チャがあった。入っていくと数人が立ち上がって同僚に向かって挨拶した。その中に見覚えのある派手なメッシュ頭の奴がいた、間違いないコイツだ!話をするとさすがに先輩の前だったので素直に非を認め、Fさんに謝らせることにした。

2日後交差点にFさんが居るのを確認して運転していた奴も連れて謝らせた。Fさんは却って恐縮したが、そのガキどもに商品を渡して
「気を付けてくださいね」
と一言だけいった。そのことがあってから、Fさんは今までにまして親しげに話してくれるようになった。(気のせいではないと思う)
それからしばらくして、非番の日。パチ○コで負けてむしゃくしゃしながら出てくると駐車場にFさんが居た。
「ここでも?」
「ええ、時々。最近成績良くないんです」
「でも、あそこ良く売れてますやん…」
「そうなんですけど、本当はルートの売上の方が大事なんです」
「そうなんですか」
「ええ、私まだ入って短いですし、前の人の引き継いだんですけど何件か横取りされたりして…」
「悪い人いるんですねぇ」
「Bさん(会社名が私の呼び名だった)みたいに大型とかあったらいいんですけど何も資格とか無いですし」
「そんなこと無いですよ、車乗るほか何も出来ませんし、でも大型は気持ちええですよ」
「へぇ、そうなんですか?」
「ええ、運転席高いでしょ、高速とか走ってたら最高ですワ、ふだんでも載りたいくらいです」
「そうか、そうですよね。気持ちよさそうですね(笑)」
「いっぺん、乗せたげましょうか?」
「え?」
別にそのときは何をどうしようといった思惑があったわけではなく、何となく言ったのだが、意外にもFさんは乗り気で聞き返してきた。
「でも会社の車なんでしょ?無理ですよね…」
「え?あぁ大丈夫ですよFさん休みの日に乗せたげますよ、途中で拾いますから」
「え…でも」
「但し、行き先は何処になるかは会社次第ですけど。それで良いですか?」
「そうですね…」
「あ、そうか子供さんとか旦那さん…?」
「それは大丈夫です、”今は”独身ですし…」
「じゃ決まり、いつお休みですか?」
数日後、俺は営業所を出ていつもと違う道を使い、待ち合わせの場所に行った。Fさんの手を引っ張り上げて前日にピカピカにしたコクピットの助手席に座らせた。(当然、会社の連中にも誰にも今日のことは言ってない。)

「高いんですね、ほんと気分よさそう」
Fさんは無邪気にそういって微笑んだ。
「じゃ、出発しますよ」
「え?いえもう良いです。見せてもらえましたから。お仕事邪魔でしょ?」
「なに言ってるんですか、走らんと判りませんよ、それに今日は七尾までですし」
「七尾?」
「能登です。すっごいいいとこです。道も走りやすいし」
「そんな遠いんですか?日帰りですか?」
ちょっと不安そうな表情をした。
「片道5時間くらいです、向こうでちょっと待ってもらいますけど、充分日帰りです」
「そうなんですか…でも」
「しんどかったら休憩入れますし、まぁドライブ気分で行きましょうよ」
しばらく考えて
「じゃ、行きましょうか。お願いします」
俺は、今日いつもより時間に余裕をもたせる為に出発時間を2時間早目にした。
名神の多賀で遅めの朝食を摂ったが、Fさんは
「何か作ってくれば良かったですね」
といい売店でお菓子を買ったりしてすっかりピクニック気分だ。俺も何となく気分がウキウキしていた。いつもの無線も今日はoffだ。北陸道~能登道を使って現地に近づくとFさんを温泉施設に降ろして待ってもらい。俺は一人で荷主のところに行った。道もすいていたので予定より早く着きすぎたので一言イヤミを言われたが、今日は何を言われても平気である。
急いで温泉施設に戻るとFさんが濡れた髪のまま待っていた。
「気持よかったですよ、Bさんも入れば?私ももう一回はいろうかな…」
促されるまま私も温泉に浸かり仕事で来ていることを忘れそうだった。
すっかりリフレッシュしてお湯から上がると、せっかくだから能登の美味しいモノを食べようと話しがまとまり、施設の人に良い店を聞いて新鮮な魚介類をお腹いっぱい堪能した。俺の頭から完全に仕事の事など吹き飛んでいた。がしかし、クルマはカラとはいえ営業所に戻らなくてはならないので、夕方前には能登を後にした、それでも前半の貯金が効いていつもと変わらない時間だったが。
帰り道米原の手前から渋滞にひっかっかった。Fさんはすっかり満足したのか夕日が落ちる頃にはうとうとし始め、やっと名神に入った頃には助手席に横になるようにして眠ってしまった。なんと無防備なのか、でも無邪気な寝顔が、却って俺のスケベ心を刺激した。

手を伸ばせば届くところにFさんの頭がある、俺は恐る恐る髪の毛に触れた、特に反応が無かったので更に2~3度髪を撫でた。すると急にFさんが俺のその手をつかまえて、ぎゅっと握ってきた。ドッキーン!として謝ろうとしたが声が出ずに居ると、Fさんは俺の手を払いのけず、逆に髪に押し付けるように力をこめた。
俺の股間が反応し始めた事は言うまでもない。Fさんは握っていた手を離すと俺の左の太腿に手を置き、軽く握るように指先に力を入れた。当然お互いオトナなのでこれが何のサインかという事はわかっていたが運転中の俺にはこれ以上のことは出来るわけがなかったので、頭の中でこの後の展開をどうしようか必死で考えていた。

するとFさんはそんな俺の気持ちを知ってか知らずか、太腿の手を更に伸ばして付け根のほうに差し込むと優しく包み込むようにしながら既に硬くなっているモノを握ってきた。思わず蛇行運転になって後ろからクラクションを鳴らされた。そこまで二人とも全く無言だったがお互いの思惑が溢れ出して息が詰まりそうだった。
俺は自分の手をFさんの手に重ねてさらに押し付けるようにしたが、いまの状況ではこれが俺の精一杯だった。とFさんは段々とこちらににじり寄ってきて、股間を覗き込むような位置まで頭が移動した。そして突き出したズボンからゴソゴソとファスナーのつまみを探り出し。ジジ、ジジジと下げ始めた。
もうヤバイ幾らなんでも運転できるような状況ではなくなってきたのですぐ手前まで来ていた多賀に入ることにした。そうしている間にもFさんはファスナーから手を突っ込んでパンツ上からナデナデするので腰から力が抜けてしまいそうだった。それにしても見た目の真面目さとちがい、Fさんの積極さに少なからず驚いた。

S.Aにはいると、俺は出来るだけ他のトラックから離れた、しかも外灯の光の暗い場所をえらんで停車した。そして初めて声を出した。
「Fさん?」
するとFさんはこちらを見上げてシッ!というように口元に指をあてた。そしてベルトを外てからパンツの中にてをさしこんで来た。30歳になったばかりの俺のモノは既に先端からネバネバしたものを滲ませていた。Fさんは親指と人差指で摘まんでニチャニチャと亀頭を弄んだ。ズーンと肛門辺りが痺れるような感覚があり背骨を伝って脳髄にまで快感が伝わっていった。俺はズボンに手をかけ自分で膝までさげ、催促するように少し腰を前に出した。

Fさんの細くて綺麗な指が根元を軽く掴むといきなりにゅるりという舌の感触がした。薄暗い中でFさんの頭だけがゆっくりと上下の動いている。根元から亀頭まで、また亀頭から根元と舌と唇が動くたびなんともいえない快感が走る。俺の風俗の経験(お恥ずかしい)に比べると、テクニックは稚拙だが今の状況、俺の気持ち、Fさんの一生懸命さが気持ちよさを倍増させる。唾液と、我慢汁がまざったちゅぷちゅぷという卑猥な音がさらに感度を高める。
「うう…」
思わず声が洩れた。
「ん?」
Fさんが見上げる、
「はい」
私が肯く。Fさんの動きが速くなった。俺はこのまま出していいのかどうか迷ったが、もう我慢が出来たかったので
「………………うぐ!」
腰が小刻みに痙攣した。
Fさんは根元をぎゅっと握って最後の一滴を搾り出すようにしてからやっと口を離し、後ろを向いてティッシュで口を拭ってからこちらを向いた。運転席に青臭い匂いが広がっていった。

「ごめんなさい、お行儀悪かったですね、気分悪くされたんじゃないですか?」
「とんでもない、悪いどころか気持ちよすぎて…」
思わず本音が出た。Fさんは少し恥ずかしそうに微笑んだ。その表情が少女のように愛しく思えて、抱きしめようと手を伸ばそうとしたとき
「ごめんなさい、ちょっとトイレ良いですか?」
俺も一緒に車を降り、トイレを済ませ、軽くうどんを啜って再び車に乗り込んだ。
さて…。
せっかくのHな雰囲気がトイレ休憩でがらりと入れ替わってしまった。一応俺だけは一回済ませたわけだが、気持ちはまだモヤモヤしていた。FさんもOKだとは思ったが、どういう風に状況をもとにもどそうか?名神を京都南か茨木で降りればホテル街だが時間的にそこまで余裕はない、とすれば、やはりこのキャビンのなかと言う事だが、いきなり押し倒すのは気が引けるし、いつまでもS、Aにいるわけにはいかない。焦るとよけい考えがまとまらないもので、俺は一言も喋らないで考え続けていた。
結局その沈黙で逆にFさんに俺の気持ちが伝わったようで、Fさんは俺の様子をじっと見つめていた、それに気づいて俺もFさんを見た。別に何をどうしたわけではなく、お互いの眼でお互いの気持ちが通じどちらとも無く寄り添って俺はFさんの肩を抱き、自然と唇を重ねた。最初は触れるくらい、少し強めに、俺が舌でFさんの唇をペロリとすると彼女はいきなり吸い付くように強く、そして舌同士を絡める。さっきまで俺のものをいやらしい音を立てて吸っていた口に俺の舌をねじ込んでいる。そう思うだけでもれの股間は痛いくらい硬直していた。
俺は服の上からFさんの胸を揉む。掌に少し余るくらいのちょうど良いサイズ。ジャケットを脱がせシャツのボタンを外し上品なレースの刺繍があるレモン色のブラに手を差し込む。少しだけ緩んだ柔らかい感触。なんとも言えずさわり心地がいい。更に手を奥に入れるとコリコリとしたものに触れた。Fさんは初めて
「ゥゥん…」
と声を漏らした。堪らなくなって、強引にブラを上に持ち上げると白い乳房のうえの赤味の強い乳首を口に含んだFさんは反り返るように身をよじらせた。
「はぁう……」
大きな吐息。俺はズボンからシャツを全部手繰りだすと、Fさんの胸を完全に肌蹴させてからブラのホックを外そうと手を背中に回してゴソゴソした。
「??、あゴメンこれ前なの…」
Fさんはそういうと自分でフロントホックを外した。熟れているが綺麗な形の二つの丘、俺は鷲づかみにして思わず力が入った。Fさんは痛がらずにしがみつくように俺の首に腕を巻きつけてきた。再びキスをしてからまた乳首をすうと、空いた手を段々と下にさげていく。ズボンのホックをはじいてファスナーを開け急ぐ気持ちを押さえてムチムチした脚からズボンを抜き取った。やはりレモン色のレースのパンツ、だがその部分は既に湿り気を含んでシミになっていた。
俺はパンツの上からそのシミの部分に触れてみた。クニュと少しめり込んで指先に粘り気のある液体がついた。Fさんの太腿の付け根が細かくピクピクした。俺はのぼせて鼻血が出そうなくらい興奮していた。俺はFさんをシートに横にさせると、パンツに手を掛けゆっくりと脱がせ始めた。すぐに陰毛が現れたがそれほど濃くはない。土手からI字型に下に向かっているそして窪みに細かい三角のヒダ、小豆大のクリ、複雑な弧を描いた薄めの唇。内側は充血の赤、外は濃い目のグレー。でもなぜかすごく綺麗なものに見えた。そして愛液はアナルに向かって滴れている。Hだ!太腿の途中までおろしたときにFさんはちょっと身体をずらして自分で左足を抜いた。
キャビンはサイドは黒スモークフロントは下半分がミラースモークなので座席に横になれば外からは見えないが、Fさんはさっきにもましていよいよ積極的だ。俺は圧倒されないようにと、いきなり股間に顔を埋めた。陰毛からかすかに温泉の香りがした、そしてヘソの下には目立たないが妊娠線があった。それがかえってリアルないやらしさに思えて、俺は夢中でじゅくじゅくしたFさんの唇を嘗め回した。舌の付け根が攣りそうなくらいクネクネと動かした。
「ン、ン、ン、ン、…ハゥ…ゥゥゥ、ク!」
Fさんは押し殺したような喘ぎ声をもらした。その我慢するような少し困ったような表情が更に俺の股間を充血させた。もう堪らない、
「挿れます…」
「ハァァァ…オ・ネ・ガ・イ…」

俺はベルトを外すのももどかしく急いでズボンとパンツを下げると今までに経験した事が無いくらいいきり立っているモノをFさんのいやらしい穴に突き立てた。
「アゥ・ゥハァ…」
悲鳴のような吐息がFさんの口から洩れた。俺は憑りつかれたように夢中でこしをガンガン振った。
「ハァハァハァハァハァハァハァハァ、ァァン、ハァハァハァハァハァハァハァハァ……」
「クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュグチュクチュクチュクチュクチュ」
Fさんの吐息と、繋がっている部分からの卑猥な音だけがキャビン内に響く、
「○○さん、キ・ツ・ク…モット、オ・ネ・ガ・イ…」
Fさんは眉を八の字にしなかが訴えるように俺を見つめる。一回抜いているにもかかわらず、俺に限界が来るのに10分もかからなかった。
「もう。もう。いいですか?」
Fさんは激しく顔を縦にふった。
「…………んん!!」
「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああ…ぁあ」
俺はぐったりとFさんに覆い被さった。すると、Fさんも大きく胸を波打たせていたが、まだ繋がっているその部分のナカがビビビッビと痙攣しているのがわかった、こんな女性は初めてだった。Fさんが正気に戻るのにかなり長い時間がかかった。
「ごめんね、はしたないよね私、ビックリしたでしょ?」
後始末をして居るとFさんがはにかむようにいった。
「いえいえとんでもない、それより俺なんかでよかったんで…」
Fさんは俺の口に手をあてて言葉を遮ると、甘えるようにチュッとキスをした。
それから約一週間、俺はFさんのハイツに入り浸って暇さえあればヤリまくった。仕事もFさんちから出勤した。
ほどなく二人の関係がみんなにも知れ渡り、半年後には再婚話も出ていたが、Fさんが前の亭主に残してきた小5の男の子がいて、しかも亭主がぶらぶら遊んでいるので亭主の実家に預けられていたその子を引き取る、なんて具体的な話になったが。どうもその子に俺が嫌われたみたいで話がのびのび担っていたところに運が悪いことに会社が不渡りをだして大手に吸収合併されることになり、13人いたドライバーも4人しか残れない事になって俺が失業してしまった。

結局再婚話も立ち消えになり関係は自然消滅したが、その間の1年弱の期間は俺にとっても忘れられないものになっています。Fさんはまだ同じ場所に一人で住んでいるのは知っているが、何年かに一度偶然町で出会ったときに一言二言喋る程度だ。俺は結婚したが当然嫁には内緒だ。


PAGE TOP