観覧車でエッチしてたら彼女の様子がおかしくなった【セックス体験談】

僕は以前から観覧車でエッチがしたいと思っていた。

休日になり、彼女とノリノリで観覧車に向かった。

並んでいる時も、これからの事を考えるとドキドキして楽しかった。

そうこうしているうちに自分達の順番が来た。

箱に乗って少し上がった所で、係員が見えなくなった。

そして彼女を抱き寄せキスをし、胸を揉み下半身を触った。

彼女も準備OK。

僕は彼女を馬乗りにさせ、スカートを捲り上げて挿入した。

ガラス張りの狭い空間に、テンションは上がった。

瞬間”ガタン”と音を立てて観覧車は止まった。

瞬間”ガタン”と音を立てて観覧車は止まった。

普通なら恐怖を感じたり慌てたりするだろうが、僕はエッチする時間が長くなったと思い、心の中でガッツポーズを握った。

彼女の締りが良くなって来る。

かなりいい感じだと思い、僕は腰を動かそうとしたが今以上奥に入っていかない。

何か変だと思って彼女を見ると、苦しがっている様子だった。

一度抜こうとしたが、締まりがキツくて抜けない。

しかも、めちゃくちゃ痛い。

話に聞いていた膣痙攣だ。

僕は焦って抜こうとしたがびくともしなかった。

そして観覧車はまた動き出した。

体勢はそのままで、降りていくしかなかった。

ドアが開くと係員は異変に気づき、すぐに救急車を呼んでくれた。

人がいっぱい集まる中、合体したまま救急車に運ばれた。

穴があったら入りたいとはまさにこの事だろう。

次の日、家に帰ると僕は有名人になっていた。

観覧車でのエッチは、もう懲り懲りだ。


PAGE TOP