妻以外の中出しエッチ体験【エロ話】

初めて、妻以外の女に中出しした体験をお話します。
ここの土地に引っ越して来て早3年。
行きつけの飲み屋のママ(私より、ちょっと上)と、とうとう性的関係を持ってしまいました。
私は、単身赴任という身軽?な気持ちと妻と会えない淋しい気持ちが入り混じり、ちょくちょく飲みに行くことになりました。
最初は、店の女の子としゃべったりはしゃいだりしていたのですが、ある日ママに
「今度の休みに食事でもどう?」と誘われました。
自宅に帰れば良いのですが、家に帰っても特にやることもないので、ママの誘いに2つ返事でOKを出しました。

2つ返事だったのは、もうちょっと若い子と行きたいな~と思ったからです。
でも、いつも飲みに行っているママなので、断りすることもできず、承諾しました。
休日になり、まずはドライブにでも行くかってことになり、あちこち、さまよっていました。
私も引っ越して来てからまだ3年ということもあり、地理があまり良く分からなかったのです。
いつのまにか、ホテル街と言われる場所を通過しようとした際
「ここで遊んで行かない?」
と誘われました。
内心えっ?って思ったんだけど、そこは私も成人男性。
断る理由も無く、ネオンの光るラブホへ入りました。
綺麗な夜景の見えるホテルでした。

ママは、入った途端、私に抱きついてきました。
「まさとクン、いけないこととは分かっているんだけど、ずっと好きだったの!」
久しぶりに私も「好き!」と言う言葉にトキメキを感じました。
もう、私も家族のことも自分のことも忘れ、ママに抱きつきました。
ママの服のファスナーを下ろすと、なんと見たことも無い、大きなオッパイが現れました。
ママにサイズは?と聞くと、なんとHカップだと言うのです。
服を着ていると、全然大きな胸とは感じなかったのですが、脱いだ後の裸体は、たわわな胸と薄めの毛、そして、くびれたウエストだったのです。
驚きました。
こんな女性と・・・と思うとどんどん興奮してきて、私のパンツはもう少し濡れていました。

一緒にお風呂に入り、お互いに大事なところを洗いながら、濡れていきました。
お風呂から上がった時には、ママのアソコからは透明な液体が、糸を引いていました。
ママは俺の大事なところを咥えながら、しごき始めたのです。
「あっ、ママやめて!出ちゃう!」
俺も久しぶりだったせいか、悲痛な声をあげながら、フェラを止めさせました。
「どうして?」ママは聞いてきました。
「俺の精子はママの中に出したいから・・・」
というと、何も言わずに、うっすらと生えた繁みに、俺の破裂しそうなくらいになったアソコを、優しく迎え入れたのです。
俺も、ママに早いのね。なんて言われたくないもんんだから、押し寄せる波を何度も超えながら、我慢しました。
でも、俺ももう限界!
「ママ、俺いきそうだよ。」というとママは、
「私もいきそうなの、もっと激しく突いて~」
もう俺は無我夢中で腰を振りました。
ママも絶頂に達したらしく
「まさとクン、一緒にいこう」
というので
「ママ、このまま中で出して良いの?」
と聞くと、
「私の中で、思いっきり出して!まさとクンと一緒にいきたいの!中で出して~!中で、中で、中で・・!。あ~~~っ!」
ママと俺は同時に果てました。
膣から俺の大事がところを抜くと、大量の白い精子がドロドロ出てきました。
「また、中出ししてね!だって気持ち良いんだもん」

そんな俺とママの関係は、今でも続いています。
Hをするときは、ママは必ず中出しをせがみます。
Hカップのオッパイを眺めながらの中出しは最高の快楽です。
また、機会があったら報告します。


PAGE TOP