私の体を思い通りに操る部長とのセックス体験談【エッチな話】

26歳の人妻女子社員だけど、新規のプランを私が中心になって立ち上げることになった。その時に相談に乗ってくれると言う部長に話を聞いてもらうことにした。

初めは普通に仕事に役立つアドバイスをもらったけど、次第に雰囲気が怪しくなって、手伝う代わりに体を要求された。おっぱいを愛撫されたりするうちに、快楽に逆らえなくなって、クンニで責められて何度もイカされた。

そして、挿入されてピストンされると、気が狂うかほど声を上げて感じてしまった。1回SEXした後はズルズルと関係が続いて、部長の言葉責めや濃厚なエッチにすっかり身体が開発されハマってしまった。そんな体験談。

私が中心になった新規の仕事は軌道に乗り、一つの結果が数字として出てきたところです。

そして、私は、未だに会社を辞められないでいます。別に妨害を受けているわけではありません。私自身の問題で、仕事に対するこだわりみたいなものだと思います。

それで、部長からも何回も身体を求められ続けています。部長は、いつも私の顔を見ながらスカートを捲り上げ、アソコに指を這わせます。溝の部分に指を押し当てられ、こねられるとゾクゾクッとしてくるのです。

指の動きが大きくなって、アソコを大きくこねられると、身体が感じ始めてどうしても、じっとしていられなくなってきます。そうして、私の表情が歪む様を、部長はじっと見ているのです。

「そうそう。そうやって我慢してみろ。どこまで我慢できるかな」と、言葉で私をいじめることもあります。今では、指だけでショーツが濡れてしまうようになってしまいました。

私は今まで、乳首を舐められることが弱かったのです。でも、部長はアソコを舐めるのが特に好きで、いろんな体位で長時間クンニしてきます。そして、必ずクンニで私を何度もイカせてから、ゆっくりと入ってくるのです。

私のアソコは、ドロドロにされてしまってとても熱く、本当に犯されているのか分からないほどになってしまいます。正直に言うと・・・入れて欲しくて、早く欲しくて、たまらなくなるのです。

うつ伏せからヒップを持ち上げられて、後ろからアソコを舐められたときは、私自身ひどくヨガリ狂ってしまって・・・腰を振ってヒップを部長に見せつけて誘い、そのまま後ろから入ってきました。

部長のモノが入ってくるのを感じ、声を上げて狂いました。昨日は、立ったままクンニされました。同じ会社の男の人の名前を挙げて辱めることもよくあります。

「○○と○○はな、ユミに気があるぞ。自慢してやろうか。ユミのアソコを舐めたいだろうな。でも、ユミのここは俺だけのモノだからな。誰にも触らせないよ」そう言いながら、私を立たせたままアソコにむしゃぶりついてきました。

ヒップを抱くように手をまわされて、唇がアソコに押しつけられると、もうそれだけで、頭の中がカーッとしてきました。身体が震えてきます。すごくイヤらしい・・・・でも・・感じる・・・そんなことを考えていました。

ショーツの横から舌が入ってきて、熱く軟らかい舌が身体の中を動き回るのを感じると、身体に一気に火がついてしまいます。中を掻き混ぜられると、身体が甘く痺れて、淫らな気分がどんどん高まっていくのです。

舌が、敏感な部分に当たってくると凄い快感で、声を自然と張り上げていました。部長の頭を握りしめ、恥ずかしさも忘れて、舌の動きに会わせて腰を振っていました。

「ユミは、アソコを舐められると凄く感じるようだな。そんなに好きか」と言われます。実際、とても感じるのです。必ず何度もイッてしまいます。

「もっともっと感じさせてやるよ」「ユミのここ、舐めたくて今日はたまらなかったぞ」そう言われるだけで、私の身体はイヤらしく反応し、濡れてくるのです。部長のモノが入ってくる瞬間は、いつも電気にも似たものが身体を駆け巡ります。

「あぁああーーーーっ!!」と、声を上げて痙攣が起きるほどの快感です。凄いのです。今まで、こんな快感があるなんて知りませんでした。部長のモノが、私の中をえぐり入ってくると我を忘れてしまいます。

深く貫かれ、抱きしめられて奥まで打ち込まれて、グチャグチャとイヤらしい音を部屋に響かせながら、昨日も私は激しくイッてしまいました。頭の中が真っ白になるくらい、感じるのです。

主人にも、私に好意を寄せてくれている人にも申し訳が立たないのですが、どうしようもないくらい感じるのです。


PAGE TOP