サークルの先輩の結婚式2次会で知り合ったエロいねーちゃん2人【セックス体験】

サークルの先輩の結婚式の2次会に友達と行った時の事。

先輩は3つ上で、卒業している社会人。

会場では周りは皆社会人で学生は俺達だけ。

2次会なんて参加した事なかったから、最初は華やかな感じに圧倒されてたけど、そのうち新婦の友達である年上の二人組みと盛り上がった。

二人とも黒のドレスみたいなのを着ていて、1人は丈が短いドレスで胸元から谷間が見えてる。

もう1人は膝くらいまでの長さだけど、両側に深いスリットが入ってる。

そして、そのスリットから見える網タイツが超エロい。

何だか大人の魅力って感じで、それだけで俺には充分なんだけど二人とも巨乳。

もうヨダレが出そうだった。

その2人も他に知り合いがいなかったみたいで、2次会の後は4人でカラオケに行く事になった。

ねーさん達は、新婦の小学校の同級生で結婚式と観光を兼ねてこちらに来ていて、ちょうどゴールデンウィークだったので2泊の予定でホテルを取っていた。

カラオケでは

「今日は朝まで飲むぞー」

とハイテンション。

しかも、このねーさん達めちゃくちゃに酒が強い。

「学生ならもっと飲めるだろww」

と酒を勧めてくる。

4人ともかなり飲んで、個室で大騒ぎ。

個室の椅子が低かったのでねーさんが騒ぐ度に、パンツとか谷間とか色んな物がずーっとチラチラしてる。

ミニのドレスのねーさんは黒のパンティー、網タイツのねーさんはピンクのパンティー。

ピンクねーさんは座ってるとドレスがずり上がってくるみたいで、スリットが太ももの付け根くらいの位置になる。

ずり上がる度に、網タイツの太ももが剥き出しに。

黒ねーさんは、よく見るとレースのパンティだった。

見えても気にしてないのかなと思うくらいによく見える。

その光景は股間を直撃、それだけで我慢汁出そうだった。

カラオケが終わってから学生の1人暮らしの部屋が見たいと言うので、4人で俺のマンションへ。

でも部屋は片付いてなくて、座るところもないし食べ物もない。

部屋を片付ける班と食料調達班の二手に分かれる事になり、ピンクねーさんと俺が部屋を片付ける事になった。

ねーさんは上着を脱いで付けてたアクセサリーを外して部屋を片付け始めた。

俺は酔っ払ってたので、片付けもせずゴロンと横になった。

改めて見てみると、なんとも言えないムチムチボディ。

その上に動く度にスリットから太ももが剥き出しになってもう堪らん。

俺の横を通る度に、ピンクのパンティーが見える。

「その格好エロ過ぎですよ。さっきからずっと見えてますよw」

酔ってる勢いで言ってみた。

「やっぱり見えてたか。サービスサービス」

「えw見てもいいんですか?」

「てか、カラオケでずっと見てたでしょ?」

「気付いてました?」

「ガン見されてたし気付くよ。まあでも見えるものは仕方ないよね」

超ラッキーw

寝転がったままピンクのパンティーを堪能。

調子に乗って、

「盗撮しようかなー」

と言いながら携帯をドレスの下に差し出したが、止めさせようとする気配もない。

そのままパシャリと撮影。

「コラッ」

と言われたが気にしてる様子もない。

ますます調子に乗って、下から覗き込んで撮ってみたが全く怒らない。

それどころか、わざと顔の近くを歩いてくれたり、ベッドに座って裾をちょっとだけ捲ってパンチラしてくれたり。

「わお、凄いw、いいんですか?」

「二人が帰ってくるまでのサービスタイム」

これはイケル。

友達がもう1人のねーさんを連れ出してくれたらやれると確信したけど、そんな気の利く奴じゃない。

サービスタイムも買い物班が帰ってきて終了。

狭い部屋は結局片付かず、座るところが限られている。

ベッドを背にして座っている俺の横にピンクねーさんが座り、その対面に壁を背にして友達の横には黒ねーさんが座った。

またまた豪快に飲んでハイテンションなねーさん達。

二人とも酔って、裾が捲れ上がっているのに隠そうともしない。

ピンクねーさんは俺の方にもたれかかり、密着度が高くなってる。

スリットからこっそり手を入れて太ももを触ってみた。

小さな声で「エッチ」って言うだけで嫌がらない。

それを見ていた友達も、裾から手を入れたりしてるがこれも嫌がってない。

黒ねーさんは積極的で、友達の手をさらに奥へと導き、何か囁いているように見えた。

「あの二人、なんか凄いね」

ピンクねーさんは、興奮気味に小さな声で俺にそう言った。

二人は段々エスカレートして、そのまま倒れこんでベロチュー開始。

「あ、ここじゃダメ」

と言ってねーさんは一度起き上がろうとしたが、またすぐに押し倒された。

そしてすぐにいやらしい吐息が聞こえ始め、ねーさんは自分の両手を友達に絡ませ、服の上から胸を激しくまさぐられていた。

友達は服も脱がさずにパンティーだけを脱がせ、いきなり挿入した。

俺も我慢出来なくなり、ねーさんをベッドに押し倒す。

「あ、ダメぇ」

と色っぽい声で抵抗されたが、本気の抵抗じゃない。

服の上から体中をまさぐった。

こちらも服も脱がずにパンティーと網タイツを無理矢理脱がせる。

指を入れると既に大洪水、そこまでくると抵抗しなくなった。

ズボンだけ脱いで挿入しようとしたけど、さっきから我慢汁出てる状態なのですぐに逝ってしまいそうだった。

床の上でやってる友達の方から友達の

「うぅ~逝きそう」

という声と、

「ああぁあぁ~、中に出してぇ~」

というねーさんの声が聞こえて余計に興奮して、俺は挿入前に爆発寸前。

ねーさんは爆発しそうな俺の事を察したのか、ギンギンになってる俺のティンコを咥えて口で逝かせてゴクリと飲み込んだ。

1回目は恥ずかしい事に2人とも超早漏。

「まだ出来るよね?」

そう言って俺の上に馬乗りになり、俺の服を脱がせてから自分の服を脱ぎ始めた。

服を脱いだねーさんの巨乳を下から鷲掴みにして、両手で激しく揉む。

火が点いたように乱れ始めた。

我慢出来なくなってもう一度押し倒し、巨乳にむしゃぶりついたらあっという間に回復してきた。

その後はワケが分からないくらいに激しくやりまくった。

「中に出しても大丈夫だよ」

と言われたので、俺も中出し。

「ああぁ~、逝くぅ~」

「ダメぇ、あぁああ~」

二人の女性の声が部屋に入り混じってる。

相当うるさかったのか、隣の部屋から壁をドンドンドンと叩かれたがお構いなし。

二組とも見せ合うように、何回もやりまくった。

翌朝10時頃だったか、ねーさんたちはシャワーを浴び帰り支度を始めていた。

「ホテルへ帰るね」


PAGE TOP