娘の友達と妻を・・【セックス体験】

夫婦と娘の三人家族でしたが 去年の春 娘が高卒後 県外の専門学校へ進学し 今は妻と二人暮らしです。

妻も私も四十半ばで 夫婦生活も月に一度有るか無しでした、刺激が無くマンネリ気味で 時々アダルトDVDを借りては二人で見ながらの営みでした。

そんな平凡な生活の私達に刺激を与えてくれる人物が登場したんです。

休日 妻とスーパーへ その帰りガソリンスタンドへ寄ったんです。

いらっしゃいませ~と元気な若者が走って来たんです、満タンですか?と言う若者を見た妻が エッ厚君?と声を出したんです、すると若者も アッ美希ちゃんのお母さんですよねと娘の名を言うんです。

なんと彼は娘の高校のクラスメートだったんです。
高卒後 就職が決まらず ここでバイトしてるらしいのです。
給油を終え 帰り道 妻に、美希の彼氏?と聞くと 違うよ仲のよかったグループだったみたいよ 家にも何人かで数回来た事あったよと言うのです。

その時は それだけでしたが 意外な場所で彼と再会する事になったんです。

借りてたDVDを返却しにAVクラブへ行ったんです。
返却し またアダルトコーナーへスワップ物か3P物を捜してると 熟女コーナーの前に青年がいたんです。

私が横に行くと 互いに あっと声を 何と あのスタンドの青年 厚君だったんです。

彼は気まずそうにしてるので 君は熟女好みかな?と聞いてみたんです、まあ~その、エへッと照れるんです、最近 若者の熟女好きが多いと聞いていたんです。

その時は それで別れたんですが 彼の熟女好みを知り なぜか胸の高鳴りがしてきたんです。

妻と彼の3Pを想像していたんです。
以前から 寝取られサイトを見ては 一人悶々としてたんです、実行するにも相手も居なく 妻に切り出すキッカケが無かったんです。

私は もう少し彼を知りたくて 何度か彼のスタンでへ通いました。
娘の親だと知って 気安く話すようになり 私は またあのビデオ屋にと彼を誘ってみたんです。

夜の9時頃には行けますと言うので その時間に行くと、来ていました、いつも熟女コーナーに。

この人達 いくつ位とパッケージを指すと ほとんど僕が借るの四十代が多いですと言うのです。

見ると ほとんど美熟女なんです、彼は数本手に取ったんです。

私も試しに二本借りる事にしたんです。

私が、ちょっといいかなと言って車に誘ったんです。
助手席に座らせ 彼に 君、彼女は?と聞くと いいえいません 友達くらいの女の子ならと言うのです。

それに僕はと言うと 私が若い娘より 熟女が好きなんだろと聞くと ええ~まあ~と照れるんです。

私は 思い切って 内の奴45だけど もうダメかな?と聞いてみたんです。

えっと驚き ダメって 意味がと言うので まあ、なんて言うか もう抱けない歳かなと聞いたんです。

すると いいえ とんでも無いです 美希ちゃんのお母さんならと言うと ハッとして すいません失礼な事を言ってと謝るんです。

いいんだよ 嬉しいよ それを聞きたかったかったんだからと言うと、キョトンとしていました、まだ私の願望が彼には伝わっていなかったようです。

その日は 携帯番号を交換して別れたんです。
目の前では言えない事も メールでは言えるんですね 私は少しずつ 私の願望を彼に打ち明けて行ったんです。

肝心の妻には まだ切り出すタイミングを待っていました。
家では照れ臭く 言い出せないんで 休日に居酒屋へ誘ったんです。

妻も久々の居酒屋に ご機嫌で ビールやら酎ハイを空けていました。
酔いがまわり 目が少し焦点が定まらないのを確認し
私は ここぞとばかりに 彼の話を始めたんです。

彼が熟専で お前のような年増でも抱ける事を話たんです。
最初は笑いながら聞いていましたが もう~貴方 酔ったの変な話してと言うのです。

私が 酔ってるけど 本気だよ どうだ一度 彼と三人で遊んでみないか?と妻の目を見て言ったんです。

しばらく沈黙があり、妻が我に帰ったように ダメダメ 美希のお友達よ そんな事 ダメよと言うのです。
あまり しつこく言うのも場所が場所だけに その話は それで止めたんです。

寒い夜道の帰りでしたが なぜか身体が火照り寒さを感じませんでした 妻も あんまり寒く無いねと言うのです。
妻も 先程の話に興奮したようです。

それから その話は進展せず 少し焦りました、そこで私は彼を自宅へ招く事にしたんです。

妻は まあ~いいけど あの話は ダメよと釘を刺すんです。

遅れましたが 妻を紹介します。
妻、幸代、45歳、158、B86、W64、H90。
初体験19歳、経験人数、私と結婚する前に3人、私が4人目です。(妻の自己申告)
初アナル開通32歳。
仕事、ホームセンターでパート。

話を続けます、バイトが終わり その足で我が家へチャリでやって来ました。

こんばんわ~と元気のいい声でやって来ました。
妻が 高校の時 以来かなと聞くと そうですね、懐かしいですと言うと 美希ちゃんの部屋 二階でしたよねと 言うと なんか 上から降りてきそうですねと言ってるんです。

彼はまだ19ですので、私と妻だけでビールで彼はウーロン茶で乾杯です。

彼は目の前の料理をパク付きます よっぽど お腹が空いてたんでしょう あっと言う間に皿を空にしてしまいました。

妻が やっぱり男の子は 食が違うよね 美希なんか 食が細く あんまり食べなかったもんねと言って 彼を微笑みながら見ていました。

そんな二人を 私は いつか目の前で 彼のチンポが妻のマンコに入るのを見てみたいと思っていたんです。

その夜は たわいもない話や 美希の話題で盛り上がり 来年の成人式は美希と一緒にと言うと ハイまた皆で再会したいですと言うのです。

私が 今度は あのDVDを見ようか リビングの大画面でと言うと いいですね~僕の部屋のは19型で それも隣りの部屋は妹が居るので 夜中に こっそり見てると言うのです。
妻が ええどんなの?と聞くので 熟女物だよ お前くらの歳のと言うと 嫌だ~もう~と言って 私達を 睨んでいました。

段々良い雰囲気になって行き 次に来る日が楽しみでした。
それから10日くらいでしょうか 妻に 明日 厚君バイト休みらしいから 今夜 呼んでもいいかい?と聞くと

うん いいよ アレ見るの?と聞くのです、良いだろ 男同士 同趣味だからと言うと もう~変態と言ってパートへ行きました。

その日は いつも食卓じゃ無く リビングでの食事にしたんです。
あのDVDを見るためです。

彼の好物の唐揚げを用意し 彼の来るのを待ちました、なぜか その夜は 私も妻も 雰囲気が違うんです、何かを期待してる気分なんです。

8時過ぎでした チャイムが鳴り彼が来たみたいです 私より早く妻が玄関に小走りなんです。

いらっしゃ~い 同趣味なお友達が お待ちかね兼ねよと私の事を茶化すんです。

いつものように 彼はウーロン茶 私達はビールで乾杯です。

途中で私が焼酎のお湯割りに代えると 妻も珍しく あたしも お湯割りと言って飲むんです、どうやら興奮で 酔えないみたいで 少し強い焼酎を欲しがったみたいです。

いい気分になり そろそろと思い アレ見ようかと 言うとバッグから DVDを出したんです。

セットし再生ボタンを押すと 奥さんの浮気物のようでした綺麗な女優で 翔○千里ですと彼が説明するんです 少しお腹はダブつき 妊娠線も少し残ってるんですが 目がパッチリした美熟女なんです 私から見ても こんな人妻ならと思ってしまいました。

妻は チラ見しながら 食器をかたずけ コーヒーを持って来るんです。

私が どうだい大画面は違うだろと言うと そうですね 今まで見えなかった所も見えますと言うんです、19型じゃ細部までは見えないそうです。

それに声が 艶かしいんです 素人じゃ出せない声なんですまあ艶技でしょうが。

妻は 少し呆れて ごゆっくりね言うと 私 お風呂にと言って出ていったんです。
私は妻も一緒に見て欲しかったんですが残念です。

しばらく二人で見てると 妻が風呂から上がって来たんです、パジャマなんです。

妻が 私 先に休みますと言うので、
私が まだいいだろ、ビールでも飲むかと言って また飲む事にしたんです。

すると彼が あの~友達から貰ったんですが 裏流出物を持って来たと言うのです。

おお~そうか それ見よう、幸代 お前もいいだろ 滅多に見れないぞ 無修正物はと言うと、も~二人共 少し おかしいんじゃ無いのと言ってる内に 始まったんです。

女優さんは 友○真希と言う可愛い熟女なんです。
妻が ええ~こんな綺麗な人が~と言う位 美人なんですが、やる事は凄いんです。

男優の持ち物も大きく 妻が 部屋の灯りを落とすんです。
どうやら興奮した顔を見られたくないようでした。
その証拠に 何杯もビールを注ぐんです。

私が 寝っころがって見ようかと言って妻に枕を用意させたんです。

私と妻は正面で 少し前の右側に彼がいます。
妻を私の前に横向きに寝かせ 尻を撫でたんです。
彼に気がつかれ無いように 手を振り払うんです。
それでも 撫で続けていると妻の抵抗が無くなりました。

彼は画面を見てるので気がつかないようです。
私は思い切って パジャマのズボンの中に後ろから手を入れたんです、それには妻も 小さな声でダメっと声をだすんです。

あまり抵抗出来ないんです 彼に気がつかれるので 下着の上からマンコを触ると 湿ってるんです。

それでも ダメよと手で制止するんです。
それでも下着の中に指を侵入させると ピチャとしたんです。
凄い濡れようでした。

アッアッと声が漏れ出したんです、流石に 彼にも聞こえたんです。

妻は恥ずかしいのか目を瞑って耐えてるんです。
私は とっさに そこにあったハンドタオルで妻に目隠しをしたんです。

囁くように これで恥ずかしく無いだろうと言うと イヤイヤと首を横にするんです、それでも構わず 指の動きを早めると アッダメッ 厚君が居るからと言うんです。

私は 分かるような嘘を 言ったんです、厚君 恥ずかしいのか 帰ったみたいだよと言ってみたんです。

妻は 嘘 嘘 そこに居るんでしょうと 言うので それじゃ呼んでみればと言ったんです。

妻は 厚君 いるんでしょうと声を掛けたんです、私は彼にシーと唇に指を充てたんです。

ほら居ないだろと言うと、嘘よ 居るよね 厚君 返事して?と言うのですが 彼は 黙ったままでした。

私は ほら 厚君 帰ったから これ脱ごうかと言ってパジャマの下に手を掛けたんです。

ダメ~あとで お部屋でと言う妻を 強引に下を抜き取ったんです。

イヤ~と言って 脚を胸まで引き揚げ 膝を胸まで上げたんですが 白いパンテイに包まれた尻が大きいんです。

私は彼に手招きし 後ろに来るように指示したんです。
妻の尻が彼の目の前1メートルなんです。

指でアソコをくじると またピチャとするんです、その度 アッアッと声が出るんです。

私は ゆっくりとパンティを脱がしに掛かりました。
すると これはダメと手で押さえるんです。

いいじゃないか 誰も居ないからと言うと それでもダメと言うのです。

私が 本当に誰も居ないよ 厚君も帰ったよと言うと、黙ったままなんです。

よしと思い 少しずつ脱がしていったんです。
膝まで下げると 脚の間に プックラした 濡れたおマンチョが顔を出してるんです ビラが少し食み出してはいますがワレメだけで中はまだ見えません。

彼も妻のワレメを目を丸くして見てるんです。
全部 抜き取ると 妻が ダメ~恥ずかしい~と言うんです。

私が 恥ずかしく無いよ 見てるのは 俺だけだよと言うと首を横に振るんです。

私は妻の おマンチョを彼に見せたく 片足の足首を掴み 上へ上げたんです イヤッ 何するの?止めてと言うのを 強引に 脚を上げると 手でおマンチョを隠すんです。

私は急いで下だけ脱ぎ 痛いほど起ってるチンポをおマンチョに当てたんです。

ほらほら 手をどけないと 入らないよと言うと 嫌だ~恥ずかしいよ~と言いながらも おマンチョから手をどけたんです。

パックリ割れた 赤マンチョにチンポがスルリと入ったんです。
ア~イヤ~ダメ~と言いながらも 感じてるようです。
出し入れするとヌチャヌチャと感じる音がするんです。

彼も アソコを大きくしてるようで もう堪らないと顔をしてるんです。

私が いいから脱げと囁くと 分かったのか ズボンを脱いだんです。

私より 長めのチンポが反り返ってるんです。
私が 後ろに来るように合図をし ゆっくり引き抜き 彼と入れ替わったんです、彼は私と同じ体位でチンポをおマンチョに入れると エッ誰、厚君?と聞くので 俺だよと言うと嘘でしょう ねっ厚君よねと言うと 目隠しを自ら取ったんんです。

後ろから 突く厚を見て妻は ねえ~止めて お願いだから厚君 ねえ、抜いてと言うんです、本当は 逃げようと思えば腰を引けば逃げられるんです。

私は厚君に もっと早く突いてごらんと言うと ピストンを速めたんです、これには妻も アア~そんなに したら おばちゃんイキそうと言うのです。

私が 意地悪く なら止めて 抜いて貰おうかなと言うと 歯を食いしばりながら 快感に悶えながら イヤイヤをするんです、もっと突いて欲しいだねと聞くと ウンウンと頷くんです、妻が初めて他人棒を認めた瞬間でした。

若い彼は 堪らず もうダメですと言うので いいよ 奥に出してもと言うと もの凄いピストンで出し入れするとウッと言って 根元まで入れたまま じっと動かないんです。

妻は崩れるように 倒れ込むと ハアハアと大きく息をしながら 脚を開いたままの おマンチョから 彼の液が ゆっつくりと逆流してきたんです。

私はまだ 息が上がってる妻の汗ばんだ身体をを拭きながら どうだった彼はと聞くと 枕に顔を埋めたまま ただ ウンウンと頷くだけなんです。

私が 少し 休んで 今度は 三人でしようかと聞くと また黙ったまま ウンウンと頷くんです。
後ろの穴もいいよねと聞くと エッ両方に?と聞くので  
あ~いいだろ ねっと聞くと うんいいよ 使って後ろもと言ったのです。

親子ほど離れた若者の味を知った妻は 今では彼の来訪を待ち侘びているんです。

下着も おばさんパンツから エッチな スケスケかTバックなんです。

そんな妻に彼も 美希ちゃんのお母さんと言って求め続けてるんです。

私の愚息も 彼と妻のセックスを見て 三十代に戻ったような勃起力なんです。


PAGE TOP