毎日のようにハーレムセックス(親娘丼)している俺のエロ体験談【エッチな話】

オレが大学生時代に、

居酒屋チェーン店でバイトしてた頃。

パートの主婦で美香さんという

美熟女がいました。

歳は三十路後半ですが

見た目的には20代後半ぐらいで

バツイチで中●生の娘がいました。

[adrotate group=”1″]

その店には、おっさんとおばさんばかりが

働いていたので、オレはどうやら

美香さんのお気に入りでした。

オレも美香さんいいなぁと

常日頃から思っていました。

ある日狭い更衣室でまかないを

一緒に食べていたとき、

思い切って携帯番号を渡しました。

オレには年上だし美人だし、

半分冗談のつもりでしたが、

案外喜んで

「男のこの番号とか久々に教えられた」

って言ってました。

その日、仕事が深夜に終わって

家に帰ると携帯に知らない番号からの着信が

もしや?と思って、でてみると

「もしもし」

美香さんです!行動はや

「あ…もしかして、美香さん?」

と聞くオレ。

「何、それ?自分で番号教えておいて!

意外みたいな態度」

と続けて美香さん。

でも、なんでこんな夜中に?と思いながら

「そうですけど、どうしたんすか?

こんな夜中に?」

と聞いてみる。

「今、一人でウチで飲んでたんだけど、

暇だからかけてみました」

と美香さん。

こんな歳の人が、

大学進学したばっかのオレなんかに

興味あるんだなと軽く感心した。

そのあと、別れた旦那のことや

娘が行きたい高校の話など

たわいもない話を1、2時間して

「そろそろ寝ますか?」

と電話を切ろうとしたところ美香さんが

「こんなおばさんに関心あるの?」

と言ってきた。

「だって、美香さんは魅力的だしね」

と軽い感じでオレは返した。

「ふーん、ありがと」

と素っ気ない感じで美香さん。

その日は、それで電話を切った。

何日かして、また美香さんと

まかないの時間に更衣室で2人になった。

美香さんが今までに

無く親しい感じで話しかけてくる。

美香さんの目は女が

男を見る目になっている事に気付いた。

そしてオレはその日

仕事終わりにどこか行こうと提案してみた。

当然のごとくオッケーのお返事。

そして、「早くしたいな」

とオレの息子をその場で撫で撫でした。

18歳のオレは軽いカルチャーショックを受けた。

大人って展開早いなと思った。

その日、仕事を終えて約束の場所で

車を止めてオレは美香さんと合流

そのまま、軽くドライブへ

海沿いを会話しながらのドライブ

真夜中なので交通量も

少なく自由気ままに走らせる

オレが運転している間、

オレの息子に興味津々な美香さん

終止息子を撫で撫で

もうここまで来ると、

というかその前から二人の目的は1つ

海の側のパーキングに一度車を停車させ、

会話…というかイチャイチャ

直接、息子を触ったりおっぱい舐めたり

けど、オレはあえてそれ以上せずに焦らしてみた

「あぁ、う~んんあ~はっ」

とどんどんボリュームを上げる美香さんに耳元で

「美香さん、本当は凄く淫乱で

イヤらしい人なんだね。

普段の美香さんは偽物なんだね」

と囁いてみる。

「うんっ!本当は美香は凄く淫乱です!

もっともっとイヤらしい美香の事見て!」

とついに壊れた。

その後も、言葉で破壊し続けた。

「娘が美香さんの

こんな姿見たらどう思うんだろうね?」とか

「旦那さんもこんなイヤらしい

奥さんイヤになっちゃったんだろうね」

とか

「ちんちんが欲しいの?

自分の子供とそんなに歳も

変わらないオレのが欲しいの?」

だとか言葉責めしているうちに

愛撫しているオレの右腕目がけて

美香さんはお漏らしした。

それでもオレの手は止まずに

美香さんを刺激し続ける。

もう普段の美香さんからは

かけ離れた獣じみた声で喘ぐ淫乱熟女だった。

20~30分くらい刺激し続け、

気がつくと車の窓は内側からくもって真っ白だった。

もうオレの奴隷とかした美香さんは

オレの腕に捕まって息を切らしている。

「こんな、すごいの初めて…もうどうにでもして!」

オレは窓を拭き、

くもりを取ると車を走らせた。

どこに行きたいのか?

とわざと聞くと案の定ホテルと言った。

がオレはその意見を却下した。

「美香さんの家に行こう」

と美香さんに言うとさすがにそこはダメだという。

「じゃぁ、これでやめていいの?」

と聞くと

困った顔をして

「他の場所じゃダメ?」

と食い下がる。

「だめ」とオレ。

ダメ元で言ってみただけだったから

期待はしてなかったが、意外にも

「じゃぁわかった」

の返事。

美香さんの家に着き寝室に通された。

部屋に入った途端、

美香さんが抱きついてきた。

「娘がいるから静かにね」

と美香さん。

オレは内心バクバクしながら頷いた。

オレは「舐めて」と指示して

息子を美香さんの顔の前に仁王立ちで出した。

美香さんは夢中でくわえる。

「おいふぃ、おいふぃ」

と美香さん。

途中胸を揉み上げてあげると

静にと言っていた本人が声を出し始めた。

「あぁ、だめ…娘が起きちゃう」

と喘ぐ美香さんを前に

オレはこのまま娘を起こしてやろうと思い立った。

再び、美香さんを刺激しながら言葉攻めを開始。

さすがに我慢しているようで、

声は控えめ。

どうしても絶叫させたくなったオレは

いっそう激しく刺激した。

「あぁ」

と奇声を上げる美香さん。

もう理性は吹っ飛んだようだった。

そのとき、廊下でカサカサという音がした。

娘だと直感的に判断したオレは

言葉攻めの声を少しボリュームアップさせた。

もう、美香さんは状況判断も

つかない程の淫乱状態だ。

オレは立ち上がりドアを開けた。

娘が聞き耳をたてドアの前に座り込んでいた。

驚く娘とその母。

どちらもお互い攻めたりできる状況じゃなかった。

オレは娘の手を引いて中に入れた。

「お母さんと同じ事したいの?」

と聞くと

「いや」

と娘。

美香さんも開き直ったらしく

「おいで」

と我が娘を誘惑。

もう、そうなればオレも止まらない

美香さんとオレの二人で娘を

同時に愛撫して親子丼の3p乱交

美香さんはキスをし、

オレはまおまんこをクンニ。

血は争えないようで、

娘も母親並みの大音量で喘ぎ出した。

その後、朝までセックスを繰り返し。

次の日も次の日も三人で乱交を楽しんだ。

8年が経って

オレは今はその娘と結婚し、

3人で毎日のようにハーレムセックスしている

美香さんは四十路になり、

成熟した大人の色気を放つ美魔女になって

さらに性欲が強まり、淫乱具合が凄い事になっている。



PAGE TOP